管理コンソールの設定

Apex Centralの管理コンソールの設定では、管理コンソールへのアクセス方法と画面の更新の間隔を設定できます。

  1. 運用管理 > 設定 > 管理コンソールの設定 に移動します。

    [管理コンソールの設定] 画面が表示されます。

  2. 必要に応じて設定します。

    セクション

    設定

    管理コンソールの自動更新

    [自動更新を有効にする] を選択すると、指定した間隔でApex Centralサーバの画面のデータが更新されるようになります。

    • 管理コンソールの更新間隔: 管理コンソールの画面のデータが更新される間隔 (秒数) を選択します。

    管理コンソールのタイムアウト

    [管理コンソールからの自動ログアウトを有効にする] を選択すると、指定した間隔でユーザがログオフされます。

    • 管理コンソールから自動ログアウトするまでの経過時間: 操作がなく、管理コンソールから自動ログアウトするまでの時間を選択します。

    セキュリティ設定

    [ログオン試行の失敗後、ユーザアカウントを自動的にロックします] を選択すると、指定したログオンの失敗回数に達するとユーザアカウントがロックされます。

    • ログオンの連続失敗: ログオンの連続失敗回数を指定します。

    • アカウントのロック時間: ユーザアカウントをロックする時間 (分数) を指定します。

    同時セッションの制限

    同じユーザアカウントに対して複数の管理コンソールログオンセッションを実行しないようにするには、[アカウントごとに1つのセッションを適用] を選択します。

  3. [保存] をクリックします。