セキュリティ状態のグラフ

[セキュリティ状態] タブのグラフには、ネットワークの重大な脅威の割合とコンプライアンスレベルの関係が表示されます。x軸は、サイトまたはレポートライン内のエンドポイントの総数に対する、重大な脅威の割合を示しています。y軸は、選択したコンプライアンスインジケータのサイトまたはレポートラインのコンプライアンスレベルを示しています。このデータを使用して、統合されたActive Directory構造からリスクの高いユーザおよびグループを迅速に特定できます。

注:

サンプルのグラフデータを変更し、社内ネットワークに基づいてサイトまたはレポートラインを表示するには、Active Directoryの統合を有効にするか、IPアドレスに基づいてカスタムサイトを作成します。

詳細については、Active Directory統合を参照してください。

ノードにマウスを重ねると、特定のサイトまたはレポートラインのコンプライアンスと重大な脅威の情報が表示されます。ノードの矢印は、指定された期間におけるセキュリティステータスの変化を示します。

  • ノードが示す [Active Directoryグループ設定] ([サイト][レポートライン]) を変更するには、設定アイコン ( > ) をクリックします。

  • また、[Active Directoryとコンプライアンスの設定] 画面を使用して、サイトとレポートラインをカスタマイズできます。

    詳細については、エンドポイントおよびユーザのグループ設定を参照してください。

初期設定では、過去7日間のネットワーク上のすべてのノードの、選択したコンプライアンスインジケータに関する情報が表示されます。

  • 表示するコンプライアンス情報を変更するには、別のコンプライアンスインジケータを選択します。

    詳細については、コンプライアンスインジケータを参照してください。

  • 表示するデータの [期間] を変更するには、設定アイコン ( > ) をクリックします。

  • ノードをクリックすると、右側の概要パネルに選択したノードの詳細情報が表示されます。

    詳細については、セキュリティ状態の詳細ペインを参照してください。