[セキュリティ状態] タブ

[セキュリティ状態] タブには、コンプライアンスレベル、重大な脅威の検出、およびネットワーク上で停止した検出に関するデータが統合された、ネットワーク保護ステータスの概要が表示されます。[セキュリティ状態] のグラフを使用して、統合されたActive Directory構造からリスクの高いユーザおよびグループを迅速に特定できます。

注:

サンプルのグラフデータを変更し、社内ネットワークに基づいてサイトまたはレポートラインを表示するには、Active Directoryの統合を有効にするか、IPアドレスに基づいてカスタムサイトを作成します。

詳細については、Active Directory統合を参照してください。

図 1. セキュリティ状態のグラフ表示

初期設定では、[セキュリティ状態] タブは [グラフ] 表示 () になっています。グラフのノード、重大な脅威、およびウイルスパターンファイルのコンプライアンス情報を表形式で表示するには、[表データ] 表示 () に切り替えます。

図 2. セキュリティ状態の表データ表示

設定アイコン ( > ) をクリックすると、タブに表示される次の情報が変更されます。

  • 組織: 組織の表示名を指定します。

  • Active Directoryグループ設定: グラフ上のノードがActive Directoryの [サイト] または [レポートライン] のどちらを表すかを指定します。

  • 期間: グラフに表示されるデータの時間範囲を指定します。