重大度およびステータス別の情報漏えい対策イベントウィジェット

このウィジェットを使用して、重大度レベルとイベントステータスに基づく情報漏えい対策イベント数を確認できます。データは重大度レベル別にフィルタ処理できます。また、新規のイベントおよび重大度の高いイベントの総数も表示できます。初期設定では、ユーザのアカウント権限で許可されている、すべての管理下の製品のデータがウィジェットに表示されます。

重要:

このウィジェットには、情報漏えい対策 (DLP) のユーザの役割を割り当てられたApex Centralのユーザアカウントのデータのみが表示されます。

情報漏えい対策イベントのレビューとDLPユーザの役割の設定の詳細については、https://docs.trendmicro.com/ja-jp/enterprise/apex-central-saas/dlp_incidentsを参照してください。

[期間] ドロップダウンを使用して、データを表示する期間を選択します。

任意の列内の数字をクリックすると、[イベント情報] 画面が開き、イベントの概要を確認できます。

特定のイベントを検索するには、[イベントID] フィールドにIDを入力し、[検索] をクリックします。

ヒント:

イベントごとに1つずつID番号が割り当てられます。ID番号は、[イベント詳細のアップデート] イベント通知、または情報漏えい対策ログクエリ内の表のリンクをクリックすることで確認できます。

ウィジェット上のウィジェット設定をクリックして、追加設定を表示します。

設定

説明

タイトル

フィールドに、ウィジェットの新しくわかりやすいタイトルを入力します。

期間

情報漏えい対策イベントの発生した時間範囲を指定します。

範囲

ウィジェットによって表示されるデータの範囲を指定します。

  • 直接管理下のユーザ

  • すべての管理下のユーザ: データは直接管理されているユーザと直接管理されているユーザの下にいる人々の両方から収集されます。

重大度

データをフィルタするための重大度レベルを指定します。

[保存] をクリックして変更を適用し、ウィジェットのデータを更新します。