ユーザの役割

[ユーザの役割] 画面には、ユーザアカウントに割り当て可能な、すべての初期設定のユーザの役割とすべてのカスタムのユーザの役割のリストが表示されます。ユーザの役割により、ユーザがアクセスおよびコントロール可能なApex Central管理コンソールの領域が定義されます。この画面を使用して、カスタムのApex Centralユーザの役割を作成および編集できます。

重要:

旧バージョンのControl Managerでカスタマイズしたユーザの役割にポリシー管理のメニュー項目に対する権限が割り当てられている場合、現在のリリースにアップグレード後、その役割にはフルコントロールが付与されます。これらの権限は、「メンテナンス」または「読み取り専用」に変更可能です。ポリシー管理を含まないバージョンのControl Managerからアップグレードする場合、役割の設定を変更するまで、カスタムのユーザの役割にはポリシー管理機能を管理または表示する権限がありません。

注:
  • 「管理者」または「管理者および情報漏えい対策コンプライアンス責任者」のユーザの役割が割り当てられたユーザアカウントのみが、新しいユーザアカウントを作成したり、ユーザの役割を割り当てたりできます。

  • ユーザの役割に定義されたアクセス権は、個々のユーザアカウントに設定された管理下の製品/フォルダのアクセス権より優先されます。

    詳細については、管理下の製品のアクセス管理を参照してください。

次の表は、[ユーザの役割] 画面で使用可能なタスクの概要を示しています。

タスク

説明

ユーザの役割の追加

新しいカスタムのユーザの役割を作成するには、[追加] をクリックします。

詳細については、ユーザの役割の追加を参照してください。

ユーザの役割の削除

役割を完全に削除するには、カスタムのユーザの役割の [名前] の横にあるチェックボックスをオンにして、[削除] をクリックします。

注:

Trend Micro Apex Central as a Serviceが提供する初期設定のユーザの役割は削除できません。

ユーザの役割の編集

割り当てられたアクセス権を編集または表示するには、ユーザの役割の [名前] をクリックします。

詳細については、ユーザの役割の編集を参照してください。

注:

Trend Micro Apex Central as a Serviceが提供する初期設定のユーザの役割は編集できません。

初期設定のユーザの役割の詳細については、初期設定のユーザの役割を参照してください。