ユーザアカウント

[ユーザアカウント] 画面には、Apex Central as a Service管理コンソール用にそれまでに設定されたすべてのユーザアカウントのリストが表示されます。この画面を使用して、ユーザアカウントを設定したり、各ユーザに役割を設定したりできます。

ユーザの役割の詳細については、ユーザの役割を参照してください。

次の表は、[ユーザアカウント] 画面で使用可能なタスクの概要を示しています。

タスク

説明

ユーザアカウントの追加

新しいユーザアカウントを設定したり、統合されたActive Directory構造からユーザまたはグループをインポートしたりするには、[追加] をクリックします。

詳細については、ユーザアカウントの追加を参照してください。

注:

Apex Central as a Serviceでは、統合されたActive Directory構造からのユーザおよびグループのユーザアカウントを作成できます。

詳細については、Active Directory統合を参照してください。

ユーザアカウントの削除

既存アカウントのユーザ名/グループ名の横にあるチェックボックスをオンにし、[削除] をクリックすると、アカウントが完全に削除されます。

警告:

アカウントを完全に削除すると、それまでに設定したアカウント情報がApex Central as a Serviceサーバから完全に削除されます。

2要素認証の有効化

[2要素認証を有効にする] リンクをクリックすると、ユーザはApex Central as a ServiceにログオンするためにGoogle Authenticatorアプリで生成される認証コードの入力が必要になります。

詳細については、2要素認証を有効または無効にするを参照してください。

2要素認証の無効化

[2要素認証を無効にする] リンクをクリックすると、Apex Central as a Serviceには有効なユーザアカウントとパスワードだけでログオンできるようになります。

詳細については、2要素認証を有効または無効にするを参照してください。

ユーザアカウントの編集

ユーザ情報を編集するユーザアカウントのユーザ名/グループ名をクリックします。

詳細については、ユーザアカウントの編集を参照してください。

ユーザアカウントのロック解除

指定したログオンの連続失敗回数を超えたアカウントのロックを解除するには、[ロック済み] 列の [ロック解除] ボタンをクリックします。

詳細については、管理コンソールの設定を参照してください。

ユーザアカウントの有効化

Apex Central as a Service管理コンソールにログオンするために無効なアカウントを有効にするには、[有効] 列の アイコンをクリックします。

注:

無効なアカウントを有効にするには、アカウントを編集する方法もあります。

詳細については、ユーザアカウントの編集を参照してください。

ユーザアカウントの無効化

ユーザがApex Central as a Service管理コンソールに一時的にログオンできないようにするには、[有効] 列の アイコンをクリックします。

注:
  • ユーザアカウントを無効にするには、アカウントを編集する方法もあります。

    詳細については、ユーザアカウントの編集を参照してください。

  • Apex Central as a Serviceでは、Active Directoryユーザまたはグループ用のアカウントを無効にできません。Active Directoryアカウントを無効にするには、Active Directoryサーバからアカウントを無効にする必要があります。

    詳細については、Active Directory管理者にお問い合わせください。