エンドポイントのウイルス/不正プログラム情報

ウイルス/不正プログラムが検出されたエンドポイントに関する具体的な情報が表示されます。例: ウイルス/不正プログラムを検出した管理下の製品、ウイルス/不正プログラムを検出した検索の種類、検出されたウイルス/不正プログラムへのエンドポイント上のファイルパス

表 1. エンドポイントのウイルス/不正プログラム情報データビュー

データ

説明

受信日時

管理下の製品からApex Centralがデータを受信した日付と時刻を示します。

生成

管理下の製品でデータが生成された日付と時刻を示します。

製品のエンティティ/エンドポイント

関連付けられている場所に応じて以下を示します。

  • Apex Centralにおける管理下の製品のサーバの表示名を示します。

  • セキュリティエージェントのエンドポイントの名前またはIPアドレスを示します。

製品/エンドポイントIP

関連付けられている場所に応じて以下を示します。

  • 管理下の製品のサーバのIPアドレスを示します。

  • セキュリティエージェントエンドポイントのIPアドレスを示します。

製品

管理下の製品またはサービスの名前を示します。

例: Apex One、InterScan for Microsoft Exchange

管理サーバのエンティティ名

エンドポイントが配下に置かれている、Apex Centralの管理下の製品のサーバの表示名を示します。

ウイルス/不正プログラム

セキュリティの脅威の名前を示します。

例: NIMDA、BLASTER、I_LOVE_YOU.EXE

エンドポイント

エンドポイントの名前を示します。

ユーザ (アカウント)

イベントの時点でログオンしていたユーザの名前を示します。

検索の種類

イベントがレポートされた検索の種類 (リアルタイム検索、予約検索、手動検索など) を示します。

ファイル

脅威がアクセスしたファイルオブジェクトの名前を示します。

ファイルパス

脅威がアクセスしたファイルオブジェクトのパスを示します。

圧縮ファイル内のファイル

圧縮ファイルに含まれる、影響を受けるファイルオブジェクトの名前を示します。

結果

管理下の製品によって実行された処理の結果を示します。

例: 成功、処理が必要

処理

管理下の製品によって実行された処理を示します。

例: ファイルはウイルス駆除されました、ファイルは隔離されました、ファイルは削除されました

検出数

検出の総数を示します。

例: Apex Oneにより、1台のコンピュータで同じウイルスのインスタンスが10件検出されました。

この場合、[検出数] は「10」になります。

クラウドサービスのベンダ

クラウドサービスのベンダの名前を示します。