クライアントの数を特定する

クライアントの数を特定する

クライアントとは、ビジネスセキュリティクライアントまたはプロファイルがインストールされるコンピュータ/デバイスです。Windowsのデスクトップ、サーバ、ポータブルコンピュータ、およびMac、Androidデバイスには、ビジネスセキュリティクライアントがインストールされます。iOSデバイスにはプロファイルがインストールされます。サポートされるクライアントのインストール数がわかっていると便利です。

ネットワークトラフィックの計画

配置の計画を立てる際は、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスによって発生するネットワークトラフィックを考慮してください。ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでは、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスサーバとクライアント間の相互通信時にネットワークトラフィックが発生します。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスサーバ/スキャンサーバでは、次の処理の実行時にトラフィックが発生します。

  • 設定の変更についてクライアントに通知するとき

  • アップデートコンポーネントをダウンロードするようにクライアントに通知するとき

  • トレンドマイクロのアップデートサーバに接続し、最新コンポーネントをチェックしダウンロードするとき

  • スマートスキャンに設定されているクライアントで検索を実行するとき

  • Trend Micro Smart Protection Networkにフィードバックを送信するとき

クライアントでは、次の処理の実行時にトラフィックが発生します。

  • 起動

  • 停止

  • ログの生成

  • 自動アップデートの実行

  • 手動アップデート ([今すぐアップデート]) の実行

  • スマートスキャンの際のスキャンサーバへの接続

注:

アップデートとログ生成以外の処理では、少量のトラフィックが発生します。

パターンファイルのアップデート時のネットワークトラフィック

トレンドマイクロから任意の製品コンポーネントの最新版が公開された際に、ネットワークトラフィックが発生します。

パターンファイルのアップデート時に発生するネットワークトラフィックを軽減するため、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでは、差分アップデートと呼ばれる方法が使用されます。毎回、アップデートパターンファイル全体をダウンロードするのではなく、前回のリリース以降に追加された新しいパターンのみがダウンロードされます。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでは、アクティブなクライアントとその他のクライアントがあります。アクティブなクライアントはトレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートするため、インターネットトラフィックが発生します。その他のクライアントは、アクティブなクライアントからアップデートするため、社内ネットワークトラフィックが発生します。

定期的にアップデートされるクライアントでは、必要なダウンロードは差分パターンだけですみ、そのサイズは約5~200KBです。パターンファイル全体はこれよりもかなり大きいため、そのダウンロードには時間がかかります。

トレンドマイクロは、新しいパターンファイルを1日に1回の頻度でリリースしています。ただし、特に有害なウイルスが活動的に流布している場合には、その脅威に対するパターンが用意できしだいすぐに新しいパターンファイルをリリースします。

グループの数を決定する

すべてのビジネスセキュリティクライアントは、特定のセキュリティグループに属します。1つのセキュリティグループのすべてのメンバーが、同じ設定を共有し同じタスクを実行します。クライアントをグループ化することによって、他のグループの設定に影響を与えることなく、特定のグループのすべてのメンバーに対して同時に、カスタマイズした設定を設定、管理、および適用できます。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスのセキュリティグループは、Windowsのドメインとは別のものです。1つのWindowsドメインに複数のセキュリティグループを作成できます。また、異なるWindowsドメインにあるコンピュータを同じセキュリティグループに割り当てることもできます。

所属する部門または実行する機能に基づいてクライアントをグループ化できます。また、感染リスクの高いクライアントをグループ化し、高いセキュリティ設定をグループ内のすべてのクライアントに適用することもできます。固有のセキュリティ設定を適用するクライアントグループごとに、少なくとも1つのグループを作成する必要があります。

小さいオフィスの場合、作成するグループは1つだけでもかまいません。

ビジネスセキュリティクライアント/プロファイルのインストール方法を選択する

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでは、いくつかの方法でビジネスセキュリティクライアント/プロファイルを配信できます。環境に最適な配信方法は、現行の管理方法と、エンドユーザに割り当て済みのアカウント権限に基づいて決めます。

Windowsコンピュータ

  • 単一のサイトに配信する場合は、ログオンスクリプトのセットアップによる配信を選択できます。ビジネスセキュリティクライアントはバックグラウンドで配信され、エンドユーザがインストールプロセスに気付くことはありません。

  • 組織内でITポリシーが厳格に施行されている場合は、ログオンスクリプトウィザードを使用することをお勧めします。ログオンスクリプトウィザードによる方法では、エンドユーザに管理権限を付与する必要がありません。代わりに、インストールプログラム自体に、管理アカウントに対するパスワードを設定します。エンドユーザの権限を変更する必要はありません。

  • 組織内でITポリシーがそれほど厳格に施行されていない場合は、ビジネスセキュリティクライアントのダウンロードを利用して、ビジネスセキュリティクライアント/プロファイルをインストールすることをお勧めします。管理者はメールメッセージを送信し、ユーザにダウンロードサイトにアクセスしてビジネスセキュリティクライアントをインストールするように指示します。ただし、この方法では、エンドユーザに、ビジネスセキュリティクライアントをインストールするための管理者権限が必要になります。

Macコンピュータ

環境にMacも含まれる組織の場合は、メールのリンクを使用したビジネスセキュリティクライアントのインストールをお勧めします。管理者はメールメッセージを送信し、ユーザにダウンロードサイトにアクセスしてビジネスセキュリティクライアントをインストールするように指示します。ただし、この方法では、エンドユーザに、ビジネスセキュリティクライアントをインストールするための管理者権限が必要になります。

注:

ダウンロードされたパッケージは個々のコンピュータ専用です。同じパッケージを他のMacで使用することはできません。

Androidデバイス

環境にAndroidデバイスも含まれる組織の場合は、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスを使用したビジネスセキュリティクライアントのインストールをお勧めします。ユーザはウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスからビジネスセキュリティクライアントをダウンロードし、管理者から受け取った認証コードを使用してデバイスを登録してビジネスセキュリティクライアントをアクティベートします。

インストール方法の詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。

iOSデバイス

iOSデバイスでは、ビジネスセキュリティクライアントではなくプロファイルを使用します。プロファイルを配信する前に、管理者はまずAPNs証明書を作成する必要があります。詳細については、iOSモバイルデバイスの登録を参照してください。

インストール方法の詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。