ビジネスセキュリティクライアントのインストール - 別のグループ/コンソールへのビジネスセキュリティクライアントのインストール

インストーラパッケージのダウンロードに使用したデバイスと別のグループ/コンソール上にある複数のWindowsデバイスにビジネスセキュリティクライアントをインストールするには、IDを使用します。

この方法は、別のグループまたはドメイン上にある複数のデバイスを管理する必要がある販売代理店または管理者にお勧めします。インストーラパッケージの複数のコピーをダウンロードする代わりに、別々のデバイスにインストールするとき、同じMSIファイルをIDを変えて使用できます。

注:

インストール完了後、IDによってビジネスセキュリティクライアントのレポート先の会社とグループが決まります。

  1. [デバイス] > [デバイスの追加] > [インストールパッケージのダウンロード] の順に選択して、ビジネスセキュリティクライアントのインストーラをダウンロードします。
  2. [配信スクリプトを使用したインストール方法] の下にある、[MSIパッケージを使った他のインストールオプション] をクリックします。

    ID情報が表示されます。

  3. [IDのコピー] をクリックします。

    ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスがID情報をクリップボードに保存します。

  4. [管理] > [ツール] の順に選択して、配信スクリプトのサンプルをダウンロードします。
  5. サンプルスクリプト (WFBS-SVC Example Deployment Script.vbs) をエディタを使用して開きます。
  6. ID情報を含めるよう配信スクリプトを変更します。

    たとえば、次のように変更します。pathOfWFBSHInstaller="msiexec /qn /i ""WFBS-SVC_Agent_Installer.msi"" IDENTIFIER=""Your_Identifier"""

    注:

    IDENTIFIERは大文字である必要があります。

    上記の手順に従ってインストールを行うと、インストールログが保存され、インストールに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

    • LoginScript.log: 配信スクリプトのログが含まれています。

    • MSI_Installer.log: 詳細な MSI インストールログが含まれています。

    ローカルシステムアカウントで配信スクリプトを実行すると、%SystemRoot%\Temp\WFBS_Installer_Debugにログが保存されます。その他の場合、ログは%Temp%\WFBS_Installer_Debugに保存されます。