ビジネスセキュリティクライアントのインストール - このグループ/コンソールへのビジネスセキュリティクライアントのインストール

インストーラパッケージのダウンロードに使用したデバイスと同じグループ/コンソール上にある複数のWindowsデバイスにビジネスセキュリティクライアントをインストールするには、この方法を使用します。

  1. [デバイス] > [デバイスの追加] > [インストールパッケージのダウンロード] の順に選択して、ビジネスセキュリティクライアントのインストーラをダウンロードします。
  2. ビジネスセキュリティクライアントのインストーラ (WFBS-SVC_Agent_Installer.msi) をいずれかのサーバ (MYFILESERVERなど) のフォルダ (D:\shareなど) に置きます。
  3. 権限を使用してこのフォルダ (D:\share) を共有します。これにより、このフォルダとウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスクライアントのインストーラにだれでもアクセスできるようになります。
  4. [管理] > [ツール] の順に選択して配信スクリプトのサンプルをダウンロードします。
  5. サンプルスクリプト (WFBS-SVC Example Deployment Script.vbs) をエディタを使用して開きます。
  6. 先頭行のpathOfWFBSHInstaller="msiexec /qn /i ""WFBS-SVC_Agent_Installer.msi"""を、pathOfWFBSHInstaller="msiexec /qn /i ""\\MYFILESERVER\share\WFBS-SVC_Agent_Installer.msi"""など、お使いの環境のパスに変更します。
  7. Windowsのスタートアップスクリプトを、スクリプトを配置した\\MYFILESERVER\share\WFBS-SVC Example Deployment Script.vbsなどのパスに設定します (ユーザのログオンスクリプトは使用されません。ユーザがソフトウェアをインストールするために必要な権限を持たない場合があるためです)。

上記の手順に従ってインストールを行うと、インストールログが保存され、インストールに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

  • LoginScript.log: 配信スクリプトのログが含まれています。

  • MSI_Installer.log: 詳細な MSI インストールログが含まれています。

ローカルシステムアカウントで配信スクリプトを実行すると、%SystemRoot%\Temp\WFBS_Installer_Debugにログが保存されます。その他の場合、ログは%Temp%\WFBS_Installer_Debugに保存されます。

WinodwsのドメインコントローラでWindowsスタートアップスクリプトを設定する方法の詳細については、以下を参照してください (英語のみ)。