Webレピュテーションサービス

トレンドマイクロのWebレピュテーションテクノロジでは、世界最大級のドメインレピュテーションデータベースを使用して、Webサイトの古さ、位置の履歴的変化、および不正プログラム挙動分析から検出される疑わしい活動の兆候などの要素に基づいて、レピュテーションスコアを割り当てることによって、Webドメインの信用性が探知されます。また、引き続きサイトが検索され、感染サイトにユーザがアクセスしないようブロックされます。Webレピュテーション機能により、ユーザがアクセスするページが安全で、不正プログラム、スパイウェア、およびユーザをだまして個人情報を入力させるよう設計されたフィッシング詐欺といったWebからの脅威が存在しないことを確認できます。正確性を向上し、誤検出を減らすために、Webレピュテーションテクノロジでは、サイト全体を分類してブロックするのではなく、サイト内の特定のページやリンクにレピュテーションスコアが割り当てられます。これは、多くの場合、正規サイトの一部のみがハッキングされていて、レピュテーションが時間の経過とともに動的に変化する可能性があるためです。

Webレピュテーションポリシーの対象となるビジネスセキュリティクライアントは、Webレピュテーションサービスを使用します。ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスの管理者は、すべてまたは一部のビジネスセキュリティクライアントをWebレピュテーションポリシーの対象にすることができます。