URLフィルタを設定する

[カスタム] を選択すると、1日のさまざまな時間帯でブロックする特定の種類のWebサイトを選択できます。

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Windows] をクリックします。
  5. [URLフィルタ] をクリックします。
  6. 必要に応じて次の項目をアップデートします。
    • URLフィルタを有効にする

    • フィルタ強度

      • ― 既知のまたは潜在的なセキュリティ上の脅威、不適切なコンテンツまたは攻撃的な可能性のあるコンテンツ、生産性または帯域幅に影響を与える可能性のあるコンテンツ、および評価のないページをブロックします。

      • ― 既知のセキュリティ上の脅威および不適切なコンテンツをブロックします。

      • ― 既知のセキュリティ上の脅威をブロックします。

      • カスタム ― 独自でカテゴリを選択し、業務時間または業務時間外にそれらのカテゴリをブロックするかどうかを指定します。

    • 業務時間 ― [業務時間] で指定されていない曜日または時間は、すべて業務時間外と見なされます。

  7. 承認済みおよびブロックするWebサイトのグローバル設定を変更するには、[承認済みURL (グローバル設定) の変更] をクリックして、[グローバル設定] 画面で設定を変更します。グループは、承認済みおよびブロックするリストが設定されていない場合は、グローバル設定を使用します。
    注:

    グループに承認済みおよびブロックするリストを設定する (グローバル設定を無視) には、左パネルで [承認済み/ブロックするURL] をクリックし、次に表示される画面でリストを設定します。

  8. [保存] をクリックします。