ファイアウォールを設定する

初期設定ではファイアウォールは無効になっています。

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Windows] をクリックします。
  5. [ファイアウォール] をクリックします。
  6. [ファイアウォールを有効にする] をオンにします。
  7. 次のいずれかを選択します。
    • 簡単モード ― ファイアウォールを初期設定で有効にします。

      詳細については、ファイアウォールを参照してください。

    • 詳細モード ― ファイアウォールをカスタム設定で有効にします。

  8. [詳細モード] を選択した場合は、必要に応じて次のオプションをアップデートします。
    • セキュリティレベル ― セキュリティレベルは、除外リストにないポートに適用されるトラフィックルールを制御します。
      • ― 除外リストで許可されているトラフィックを除き、すべての受信および送信トラフィックをブロックします。

      • ― 除外リストで許可またはブロックされているトラフィックを除き、すべての受信トラフィックをブロックしてすべての送信トラフィックを許可します。

      • ― 除外リストでブロックされているトラフィックを除き、すべての受信および送信トラフィックを許可します。これは、簡単モードの初期設定です。

    • 設定

      • IDS (侵入検知システム) を有効にする ― 侵入検知システムが、攻撃すると疑われるネットワークパケットのパターンを特定します。

        詳細については、IDS (侵入検知システム)を参照してください。

      • 警告メッセージを有効にするウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスが違反を検出すると、クライアントは通知を受け取ります。

    • 除外設定 ―除外リストに含まれるポートはブロックされません。

  9. [保存] をクリックします。