Webレピュテーションを設定する

Webレピュテーションは、不正なWebサイトに対する保護を強化します。Webレピュテーションでは、トレンドマイクロの広範囲にわたるWebセキュリティデータベースを利用して、クライアントがアクセスしようとしているURL、またはWebサイトと通信するメールメッセージに埋め込まれたURLのレピュテーションをチェックします。

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Windows] をクリックします。
  5. [Webレピュテーション] をクリックします。
  6. 必要に応じて次の項目を設定します。
    • Webレピュテーションを有効にする

    • セキュリティレベル

      • ―ブロックするページは次のとおりです。

        • 危険 - 詐欺サイトや脅威の既知の送信元であることが確認されました

        • 極めて不審 - 詐欺サイトまたは脅威の送信元である可能性があります

        • 不審 - スパムメールに関連付けられている、またはセキュリティ侵害の可能性があります

        • 未評価のページ - 未評価のページへのアクセスをブロックすることで安全性を向上させることはできますが、安全なページへのアクセスもできなくなる場合があります

      • ―ブロックするページは次のとおりです。

        • 危険 - 詐欺サイトや脅威の既知の送信元であることが確認されました

        • 極めて不審 - 詐欺サイトまたは脅威の送信元である可能性があります

      • ― ブロックするページは次のとおりです。

        • 危険 - 詐欺サイトや脅威の既知の送信元であることが確認されました

  7. 承認済みWebサイトのリストを変更するには、[承認済みURL (グローバル設定) の変更] をクリックして、[グローバル設定] 画面で設定を変更します。

    詳細については、クライアントのグローバル設定を参照してください。

  8. ブラウザ脆弱性に対して保護するには、[不正スクリプトを含むページをブロックする] を選択します。
  9. [保存] をクリックします。