クライアントの権限を設定する

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Windows] をクリックします。
  5. [クライアントの権限] をクリックします。
  6. [セキュリティ設定] で、必要に応じて次の項目を更新します。

    セクション

    権限

    ウイルス/スパイウェア対策

    • 手動検索の設定

    • 予約検索の設定

    • リアルタイム検索の設定

    予約検索

    • 予約検索の有効/無効

    • 予約検索をスキップおよび停止

    • 予約検索の延期

    ファイアウォール

    • [セキュリティ保護] タブの下にあるドロップダウンリストにファイアウォールを表示

    • ファイアウォールを有効/無効にする

    注:

    ユーザがファイアウォールを有効化/無効化するのを許可した場合、Webコンソールではこれらの設定を変更できません。ユーザにこの権限を与えない場合は、Webコンソールでこれらの設定を変更できます。ビジネスセキュリティクライアントの [ローカルファイアウォールの設定] に表示される情報には、Webコンソールではなく、常にビジネスセキュリティクライアントでの設定が反映されます。

    Webレピュテーション

    コンピュータを再起動するまで特定の不正URLの閲覧を許可する

    URLフィルタ

    コンピュータを再起動するまで特定の禁止URLの閲覧を許可する

    挙動監視

    挙動監視タブを表示し、ユーザによるリストのカスタマイズを許可します。

  7. [クライアントコントロール] で、必要に応じて次の項目を更新します。

    セクション

    権限

    アップデート権限

    • クライアントのアップグレードとHotFixの配信を無効にする

      注:

      HotFix、Patch、Critical Patch、Service Packを大量のクライアントに同時に配布すると、ネットワークトラフィックが著しく増加することがあります。配布の日時をずらせるように、複数のグループでこのオプションを有効にすることを検討してください。

    不正変更防止サービス

    アプリケーションの動作を調整し、プログラムの信頼性を検証します。

    以下の機能を使用する前に、挙動監視モジュールを有効にする必要があります。

    • アプリケーションコントロール

    • 挙動監視

    • デバイスコントロール

    • HTTPS Web評価 (グローバル設定)

    • ビジネスセキュリティクライアントセルフプロテクション

    詳細については、製品Q&A参照してください.。

    重要:

    挙動監視モジュールを有効にするには、すべてのシステムイベントを監視するのに十分なシステムリソースが必要です。

    ビジネスセキュリティクライアントセルフプロテクション

    ユーザまたは他のプロセスがトレンドマイクロのプログラムファイル、レジストリ、プロセスを変更するのを防ぎます。

    そのため、WindowsファイルまたはProgram Filesフォルダの権限設定 (Windowsのセキュリティ設定) が読み取り/書き込みアクセスを許可するように設定されている場合は、この設定を有効にしても、デバイスにビジネスセキュリティクライアントのフォルダ、ファイル、およびレジストリエントリへの読み取り/書き込みアクセスが許可されます。

  8. [保存] をクリックします。