ウイルス/スパイウェア対策のリアルタイム検索を設定する

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Mac] をクリックします。
  5. [ウイルス/スパイウェア対策] をクリックします。
  6. [ウイルス/スパイウェア対策] 画面の [検索対象] タブで、必要に応じて次の項目を設定します。
    • リアルタイムのウイルス対策/スパイウェア対策を有効にする

    • 検索条件:

      • 作成、変更、取得、または実行されるファイルを検索

      • 取得または実行されるファイルを検索

      • 作成または変更されるファイルを検索

    • 検索除外: 特定のファイル、フォルダ、または特定の拡張子を持つファイルを検索対象から除外します。

      • 検索除外を有効にする

      • 特定ファイルの検索除外: 検索対象から除外するファイルの名前を入力し、[追加] をクリックします。ファイルを削除するには、ファイルを選択して [削除] をクリックします。

      • 特定の拡張子を持つファイルの検索除外: 検索対象から除外する拡張子の名前を入力し、[追加] をクリックします。拡張子を削除するには、拡張子を選択して [削除] をクリックします。

  7. [ウイルス/スパイウェア対策] 画面の [処理] タブで、検出された脅威を処理する方法を指定します。
    • ウイルス検出の場合

      • トレンドマイクロの推奨処理:脅威に対して、トレンドマイクロが事前定義した処理を実行します。詳細については、トレンドマイクロの推奨処理を参照してください。

      • すべての種類に同じ処理を使用: 放置、削除、名前変更、隔離、または駆除のいずれかを選択します。

    • 詳細設定

      • ウイルス/スパイウェアの検出時にデバイスに警告メッセージを表示します

  8. [保存] をクリックします。