IDS (侵入検知システム)

侵入検知システム (IDS) を使用すると、エンドポイントへの攻撃の手がかりとなるネットワークパケットのパターンを特定できます。

侵入検知システム (IDS) を使用すると、次の既知の侵入を防止できます。

侵入

説明

過大フラグメント (Too Big Fragment)

ハッカーが対象エンドポイントに対して特大サイズのTCP/UDPパケットを送りつけるというDoS (サービス拒否) 攻撃です。これによって、エンドポイントのバッファがオーバーフローするため、エンドポイントがフリーズしたり、再起動したりする可能性があります。

Ping of Death

ハッカーが対象エンドポイントに対して特大サイズのICMP/ICMPv6パケットを送りつけるというDoS (サービス拒否) 攻撃です。これによって、エンドポイントのバッファがオーバーフローになり、エンドポイントがフリーズしたり、再起動したりする可能性があります。

重複ARP (Conflicted ARP)

ハッカーが対象エンドポイントに、同じIPアドレスを送信元および送信先アドレスとして指定して、アドレス解決プロトコル (ARP) 要求を送信する攻撃です。侵入対象エンドポイントは自身にARP応答 (自身のMACアドレス) を送信し続けるため、フリーズやクラッシュを招くことになります。

SYNフラッド (Syn Flood)

プログラムから複数のTCP同期 (SYN) パケットがエンドポイントに送信される、DoS (サービス拒否) 攻撃です。これによって、エンドポイントが同期確認 (SYN/ACK) 応答を送信し続けることになります。そのため、エンドポイントのメモリを著しく消費し、最終的にエンドポイントがクラッシュする可能性があります。

オーバーラッピングフラグメント (Overlapping Fragment Attack)

ティアドロップ攻撃と似ており、オーバーラッピングTCPフラグメントをエンドポイントに送りつけるDoS (サービス拒否) 攻撃です。これによって、最初のTCPフラグメントのヘッダ情報が上書きされ、ファイアウォールを通過してしまう場合があります。ファイアウォールはそれ以降の不正コードを含むフラグメントの通過を許可し、フラグメントが侵入対象エンドポイントに到達します。

ティアドロップ (Teardrop)

オーバーラッピングフラグメント攻撃と似ており、IPフラグメントを使用したDoS (サービス拒否) 攻撃です。2つ目以降のIPフラグメントのオフセット値が混乱することにより、受信側のエンドポイントのOSがフラグメントを組み立て直そうとしたときに、クラッシュする可能性があります。

タイニーフラグメント攻撃 (Tiny Fragment Attack)

小さいサイズのTCPフラグメントが一番目のTCPパケットヘッダー情報を次のフラグメントに押し込む攻撃です。これによって、トラフィックをフィルタリングするルータが、不正なデータが含まれている可能性のある後続のフラグメントを見過ごしてしまう場合があります。

フラグメント化IGMP (Fragmented IGMP)

フラグメント化IGMPパケットを送信するDoS (サービス拒否) 攻撃で、対象エンドポイントでは、それらのIGMPパケットを適切に処理することができません。これによって、エンドポイントがフリーズしたり、処理速度が低下したりする可能性があります。

Land攻撃 (LAND Attack)

エンドポイントに、送信元と送信先を同じアドレスに指定してIP同期 (SYN) パケットを送信する攻撃で、エンドポイントは同期確認 (SYN/ACK) 応答を自身に送信することになります。これによって、エンドポイントがフリーズしたり、処理速度が低下したりする可能性があります。