検索方法

ビジネスセキュリティクライアントでは、脅威を検索するときに、次の2種類の検索方法のいずれかを使用できます。

  • スマートスキャン:本書では、スマートスキャンを使用するビジネスセキュリティクライアントスマートスキャンクライアントと呼びます。スマートスキャンクライアントは、ローカル検索と、ファイルレピュテーションサービスで提供されるクラウド型クエリを利用できます。

  • 従来型スキャン:スマートスキャンを使用しないビジネスセキュリティクライアントは、従来型スキャンクライアントと呼びます。従来型スキャンデバイスでは、ウイルスパターンファイルを使用して、脅威を検索します。

次の表は、2つの検索方法を比較しています。

表 1. 従来型スキャンとスマートスキャンの比較

比較基準

従来型スキャン

スマートスキャン

検索の動作

従来型スキャンデバイスは、デバイス上でスキャンを実行します。

  • スマートスキャンクライアントは、デバイス上でスキャンを実行します。

  • 検索時にファイルのリスクを特定できない場合、ビジネスセキュリティクライアントは、スキャンサーバ (ビジネスセキュリティサーバに接続されたビジネスセキュリティクライアントの場合) またはTrend Micro Smart Protection Network (ビジネスセキュリティサーバに接続されていないビジネスセキュリティクライアントの場合) に検索クエリを送信して、リスクを検証します。

    注:

    スキャンサーバは、スマートスキャンサーバで実行されるサービスです。

  • ビジネスセキュリティクライアントは、検索のパフォーマンスを向上するために検索クエリの結果を「キャッシュ」します。

使用中およびアップデートされるコンポーネント

アップデートソースで利用可能なすべてのビジネスセキュリティクライアントコンポーネント (スマートスキャンエージェントパターンファイルを除く)

コンポーネントは、ウイルスパターンファイルを除き、すべてアップデート元からダウンロードできます。

通常のアップデート元

アップデートサーバ

アップデートサーバ