グループのセキュリティ設定

注:

バージョンやライセンスによっては、これらの一部の機能を使用できない場合や初期設定が異なる場合もあります。

デバイスツリーのグループを選択し、[ポリシーの設定] をクリックすると、次の項目にアクセスできます。

オプション

利用可能なOS

説明

初期設定

検索方法

Windows

スマートスキャンと従来型検索を切り替えます。

スマートスキャン (新規インストールの場合)

ウイルス/スパイウェア対策

Windows、Mac、Android

リアルタイム検索、ウイルス対策、スパイウェア対策に関する設定をします。

有効 (リアルタイム検索)

ファイアウォール

Windows

ファイアウォールオプションを設定します。

無効

Webレピュテーション

Windows、Mac、Android

有効/無効、および [高]、[中]、または [低] に設定します。

有効、低

URLフィルタ

Windows

有効/無効にし、[高]、[中]、[低]、または [カスタム] に設定します。

有効、低

承認済み/ブロックするURL

Windows、Mac、Android

WebレピュテーションおよびURLフィルタリングの承認済みURL/ブロックされたURLのリストの使用を有効化/無効化します。

無効

機械学習型検索

Windows

機械学習型検索を設定します。

無効

挙動監視

Windows

挙動監視オプションを設定します。

有効

デバイスコントロール

Windows

ホストコンピュータに接続された外部デバイスへのアクセスを設定します。

無効

情報漏えい対策

Windows

情報漏えい対策ルールおよび設定項目を設定します。

無効

アプリケーションコントロール

Windows

アプリケーションコントロールを設定します。

無効

クライアントの権限

Windows、Mac、Android

クライアントのコンソールから各種設定にアクセスできるかどうかを設定します。

無効

パスワード/パスコード

Android、iOS

モバイルデバイスのパスワード/パスコードの設定を指定します。

無効