Webレピュテーションを設定する

Webレピュテーションは、不正なWebサイトに対する保護を強化します。Webレピュテーションでは、トレンドマイクロの広範囲にわたるWebセキュリティデータベースを利用して、クライアントがアクセスしようとしているURL、またはWebサイトと通信するメールメッセージに埋め込まれたURLのレピュテーションをチェックします。

ビジネスセキュリティクライアントがAndroid 6.0以降で実行されている場合、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスではWebレピュテーションを有効にするためのアクセシビリティ権限が必要です。

  1. [デバイス] に移動します。
  2. 設定対象のクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [ポリシーの設定] をクリックします。
  4. [Android] をクリックします。
  5. [Webレピュテーション] をクリックします。
  6. 必要に応じて次の項目を設定します。
    • Webレピュテーションを有効にする

    • セキュリティレベル

      • ―ブロックするページは次のとおりです。

      • ―ブロックするページは次のとおりです。

      • ― ブロックするページは次のとおりです。

  7. 承認済みWebサイトのリストを変更するには、[承認済みURL (グローバル設定) の変更] をクリックして、[グローバル設定] 画面で設定を変更します。
  8. [保存] をクリックします。