検索の種類

検索中に、トレンドマイクロの検索エンジンは、ウイルスパターンファイルと連携し、パターンマッチングというプロセスを使用して検出の第1レベルを実行します。各ウイルスには一意の「シグネチャ」、つまり他のコードと区別できる特性を表す文字列が含まれているので、TrendLabsのウイルス専門家は、このコードの実行機能を持たない断片をパターンファイルに取り込みます。検索エンジンは、各検索対象ファイルの特定領域をウイルスパターンファイルのパターンと比較し、一致するものを探します。

検索エンジンは、ウイルスなどの不正プログラムを含むファイルを検出すると、駆除、隔離、削除、テキスト/ファイルでの置換などの処理を実行します。これらの処理は、検索作業の設定時にカスタマイズできます。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスは、インターネット上の脅威からデバイスを保護するために次の種類の検索を備えています。

注:

検索の種類と検索方法は異なります。検索方法とは、スマートスキャンと従来型スキャンを指します。

詳細については、検索方法を参照してください。

表 1. 検索の種類

検索の種類

説明

リアルタイム検索

Windows、Mac、Android で利用できる、継続して実行される検索です

WindowsとMacでは、リアルタイム検索は、ファイルが開かれたり、受信、ダウンロード、コピー、変更されたりするたびに、ファイルを検索し、脅威が含まれていないかどうかを確認します。Androidモバイルデバイスでは、リアルタイム検索はアプリのインストール時にアプリを検索します。

詳細については、ウイルス/スパイウェア対策のリアルタイム検索を設定するを参照してください。

手動検索

  • 通常検索: WindowsとMacで利用できる、必要に応じて実行する検索です

    また、再感染の可能性を最小限にするために、以前からファイルに潜在している可能性のある脅威を検索します。手動検索の間、ビジネスセキュリティクライアントは、管理者またはユーザが設定した処理に従って脅威を処理します。検索を停止するには、検索の進行中に [検索停止] をクリックします。

  • アグレッシブ検索: Windowsで利用できる、通常検索では削除できない脅威を分析し駆除する高度な検索です

注:
  • 検索に要する時間は、デバイスのハードウェアリソースと検索するファイル数によって異なります。

  • アグレッシブ検索を実行すると、通常検索よりもハードウェアリソースの消費量が多くなる場合があります。パフォーマンスに対する影響を軽減するには、[手動検索] 設定の[処理] タブを選択し、 [CPU 使用率] セクションで設定を行います。

詳細については、手動検索を参照してください。

予約検索

手動検索と似ていますが、WindowsとMacで、設定した時刻と頻度で指定したファイルを検索します。予約検索を使用することで、デバイスでの日常の検索を自動化し、脅威管理の効率を高めることができます。

予約検索を設定するには、[検索] > [予約検索] の順に移動します。

詳細については、予約検索を設定するを参照してください。

脆弱性検索

オペレーティングシステムまたはアプリケーションに脆弱性があるデバイスを検索します

詳細については、脆弱性検索を参照してください。