手動検索を設定する

注:

手動検索の設定の一部はアグレッシブ検索では反映されません。

  1. [検索] > [手動検索] の順に選択します。
  2. デバイスツリーからグループを選択します。
  3. グループ名の隣にある歯車アイコンをクリックします。
  4. [Windows] または [Mac] タブを選択します。
  5. [検索対象] タブを選択します。
  6. 必要に応じて下記を設定します。
    • すべての検索可能ファイル:暗号化されたファイルやパスワードで保護されたファイルのみが除外されます。

    • トレンドマイクロの推奨設定:実際のファイルタイプに基づいてファイルを検索します。詳細については、トレンドマイクロの推奨設定を参照してください。

    • 指定された拡張子のファイル:拡張子が複数ある場合はカンマ (,) で区切ります。

    • ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する

    • 圧縮ファイルを検索する:指定されたレイヤ数より深い層にあるファイルは検索されません。

  7. 特定のファイル、フォルダ、または特定の拡張子を持つファイルを検索対象から除外するように設定します。
    • 検索除外を有効にする

    • トレンドマイクロ製品がインストールされているディレクトリを検索から除外する

    • 特定フォルダの検索除外:検索対象から除外するフォルダの名前を入力し、[追加] をクリックします。フォルダを削除するには、フォルダを選択して [削除] をクリックします。

    • 特定ファイルの検索除外:検索対象から除外するファイルの名前を入力し、[追加] をクリックします。ファイルを削除するには、ファイルを選択して [削除] をクリックします。

    • 特定の拡張子を持つファイルの検索除外:検索対象から除外する拡張子の名前を入力し、[追加] をクリックします。拡張子を削除するには、拡張子を選択して [削除] をクリックします。

  8. 詳細な検索設定を構成します。
    • IntelliTrapを有効にする (ウイルス対策の場合):IntelliTrapは、圧縮ファイル内のボットなどの不正なコードを検出します。詳細については、IntelliTrapを参照してください。

    • システム領域の検索

    • スパイウェアの承認済みリストの変更 (スパイウェア対策の場合):このリストには、使用を許可するスパイウェア/グレーウェアプログラムの詳細が含まれます。リストをアップデートするには、リンクをクリックします。詳細については、スパイウェア/グレーウェアの除外リストの編集を参照してください。

  9. [処理] タブを選択します。
  10. CPU使用率に応じた検索処理を指定します。
  11. ウイルス検出の処理方法を指定します。
    • トレンドマイクロの推奨処理:脅威に対して、トレンドマイクロが事前定義した処理を実行します。詳細については、トレンドマイクロの推奨処理を参照してください。

    • 検索処理の指定:脅威の種類ごとに、[放置]、[削除]、[名前変更]、[隔離]、または [駆除] のいずれかを選択します。[駆除] を選択した場合は、駆除できない脅威に対する処理も設定してください。

    • ウイルス駆除実行前にバックアップを作成:感染したファイルの暗号化されたコピーをC:\Program Files\Trend Micro\Client Server Security Agent\Backupに保存します。

  12. スパイウェア/グレーウェア検出の処理方法を指定します。
    • 駆除:ビジネスセキュリティサービスは、スパイウェア/グレーウェアを駆除するときに、関連するレジストリエントリ、ファイル、Cookie、およびショートカットを削除することがあります。スパイウェア/グレーウェアに関連するプロセスも終了されます。

    • 放置:処理は実行されませんが、スパイウェアが検出されたことが診断用ログファイルに記録されます。

  13. [保存] をクリックします。