スパイウェア/グレーウェアの承認済みリストの編集

インストールされたシステムには害を及ぼしませんが、クライアントまたはネットワークが不正プログラムやハッカーの攻撃にさらされる可能性があるという理由で、トレンドマイクロによりスパイウェア/グレーウェアと分類されるアプリケーションがあります。ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスには、潜在的に危険なアプリケーションのリストが含まれます。初期設定では、このようなアプリケーションはクライアント上で実行できません。

潜在的に危険なアプリケーションを実行させないようにし、スパイウェア/グレーウェアの承認済みリストをユーザが制御できるようにすることで、ビジネスセキュリティサービスは承認されたアプリケーションのみがクライアントやサーバ上で実行されるようにします。

トレンドマイクロによってスパイウェア/グレーウェアに分類されているアプリケーションをクライアントで実行する必要がある場合、スパイウェア/グレーウェアの承認済みリストにそのアプリケーション名を追加する必要があります。

スパイウェア/グレーウェアの承認済みリストによって、ユーザがどのスパイウェアまたはグレーウェアアプリケーションを使用できるかが決まります。

注:

特定のグループに対しては、リアルタイム検索、予約検索、および手動検索で同一のリストが使用されます。

  1. 最初に以下の手順を実行します。
    • 手動検索の場合

      • [検索] > [手動検索] でグループを選択し、歯車アイコンをクリックします。

      • [Windows] (タブ) > [検索対象] > [詳細設定] > [スパイウェアの承認済みリストの変更] に移動します。

    • 予約検索の場合

      • [検索] > [予約検索] > [グループ] > [検索設定の構成] を選択します。

      • [Windows] (タブ) > [検索対象] > [詳細設定] > [スパイウェアの承認済みリストの変更] に移動します。

  2. 必要に応じて次の項目を設定します。
    • 左側の画面: 認識済みのスパイウェアまたはグレーウェアアプリケーション。許可するスパイウェア/グレーウェアアプリケーションを検索する場合は、[簡単検索] リンクを使用します。

      注:

      アプリケーションは、アプリケーションの種類別にソートされ、その後アプリケーション名順にソートされます。

    • 右側の画面: 使用を許可するスパイウェアまたはグレーウェアプログラム。

    • 追加 >:左側の画面でアプリケーション名を選択し、[追加 >] をクリックします。複数のアプリケーションを選択するには、CTRLキーを押しながらアプリケーション名をクリックします。

  3. [保存] をクリックします。