デバイスツリーを使用する

図 1. デバイスツリーコマンドメニューを使用する

デバイスツリーからグループを選択し、グループ名の隣にある歯車アイコンをクリックすると、メニューが表示されます。一部のコマンドは特定の種類のグループでのみ利用できます。選択したグループの種類によっては、無効になっていることがあります。コマンドを利用し、特定のグループ内でビジネスセキュリティクライアントを管理します。

図 2. カンパニールートコマンドメニュー
表 1. カンパニールートコマンド

コマンド

説明

グループの追加

新しい手動グループをデバイスツリーに追加します

詳細については、手動グループの追加を参照してください。

デバイスの追加

ビジネスセキュリティクライアントをインストールする方法を選択し、対象デバイスをグループに割り当てることができます

詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。

今すぐアップデート

ビジネスセキュリティクライアントを最新のコンポーネントにアップデートします。

カウンタのリセット

ネットワーク上のすべてのビジネスセキュリティクライアントのセキュリティリスク検出カウンタをリセットします。関連ログ情報はログクエリで引き続き利用できます

グローバル設定

セキュリティ検索、承認済み/ブロックリスト、ビジネスセキュリティクライアントコントロール、デバイス管理など、ビジネスセキュリティクライアント全体の設定を行います。

詳細については、グローバル設定を参照してください。

図 3. Active Directoryグループコマンドメニュー
表 2. Active Directoryグループコマンド

コマンド

説明

通常検索の開始

通常検索を開始します。

注:

本機能は、バージョン6.2 以前の手動検索と同じ機能であり、Windows およびMacビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

アグレッシブ検索の開始

アグレッシブ検索を開始します (通常検索実行後に不審な挙動が見られる場合などに実行してください)。

注:
  • アグレッシブ検索は、バージョン6.3以降のWindowsビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

  • アグレッシブ検索では、通常検索に比べデバイスのパフォーマンスに影響する場合や、誤検出が発生する場合があります。

検索停止

実行中の通常検索またはアグレッシブ検索を停止します。

注:

検索停止は、Windowsビジネスセキュリティクライアントで実行可能です。

ポリシーの設定

Windows ビジネスセキュリティクライアントのリアルタイム検索等を設定します

詳細については、グループセキュリティ設定を参照してください。

手動グループに移動

Active Directoryドメイングループから特定の手動グループにデバイスを移動します

図 4. 手動グループコマンドメニュー
表 3. 手動グループコマンド

コマンド

説明

通常検索の開始

通常検索を開始します。

注:

本機能は、バージョン6.2 以前の手動検索と同じ機能であり、Windows およびMacビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

アグレッシブ検索の開始

アグレッシブ検索を開始します (通常検索実行後に不審な挙動が見られる場合などに実行してください)。

注:

アグレッシブ検索は、バージョン6.3以降のWindowsビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

検索停止

実行中の通常検索またはアグレッシブ検索を停止します。

注:

検索停止は、Windowsビジネスセキュリティクライアントで実行可能です。

ポリシーの設定

Windows ビジネスセキュリティクライアントのリアルタイム検索等を設定します

詳細については、グループセキュリティ設定を参照してください。

名前の変更

手動グループの名前を変更します

設定の複製

グループ間で設定を複製します。複製後、複製先グループのビジネスセキュリティクライアントは複製元グループと同じ設定になります。

詳細については、グループの設定を複製するを参照してください。

ドメインOUに復元

既にActive Directoryドメインに登録されているデバイスを、手動グループからそのデバイスが属するドメイングループに移動します

詳細については、手動グループからActive Directoryドメイングループにデバイスを復元するを参照してください。

削除

デバイスツリーから手動グループを削除します