コンポーネント

注:

バージョンやライセンスによっては、これらの一部の機能を使用できない場合や内容が異なる場合もあります。

表 1. ウイルス対策

コンポーネント

説明

ウイルスパターンファイル

ビジネスセキュリティクライアントでウイルスシグネチャ (ウイルスの存在を示すビットやバイトの一意のパターン) の識別に使用されるファイルです。

ウイルスパターンファイル (Android)

ビジネスセキュリティクライアントでウイルスシグネチャ (Androidデバイス上にウイルスの存在を示すビットやバイトの一意のパターン) の識別に使用されるファイルです。

ウイルス検索エンジン (Windowsでは32ビット/64ビット、Mac OS Xでは32ビット)

検索エンジンは、ウイルスパターンファイルを使用して、ユーザが開いたファイルまたは保存したファイルに潜むウイルス、不正プログラムなどのセキュリティリスクを検出します。

検索エンジンは、ウイルスパターンファイルと連携し、パターンマッチングというプロセスを使用して検出の第1レベルを実行します。各ウイルスには一意の「シグネチャ」、つまり他のコードと区別できる特性を表す文字列が含まれているので、トレンドマイクロのウイルス専門家は、このコードの実行機能を持たない断片をパターンファイルに取り込みます。検索エンジンは、各検索対象ファイルの特定領域をウイルスパターンファイルのパターンと比較し、一致するものを探します。

ダメージクリーンナップテンプレート

ダメージクリーンナップテンプレートは、ダメージクリーンナップエンジンでトロイの木馬ファイルとプロセスを特定し、削除するために使用されます。

ダメージクリーンナップエンジン (32ビット/64ビット)

ダメージクリーンナップエンジンはトロイの木馬およびトロイの木馬プロセスを検索して、除去します。

IntelliTrap除外パターンファイル

IntelliTrap除外パターンファイルには、「承認済み」圧縮ファイルのリストが含まれます。

IntelliTrapパターンファイル

IntelliTrapパターンファイルは、実行ファイルとして圧縮されたリアルタイム圧縮ファイルを検出します。

スマートフィードバックエンジン (32ビット/64ビット)

Trend Micro Smart Protection Networkにフィードバックを送信するエンジンです。

スマートスキャンエージェントパターンファイル

ビジネスセキュリティクライアントで脅威の特定に使用されるパターンファイルです。このパターンファイルは、ビジネスセキュリティクライアントを実行するデバイスに保存されています。

起動時クリーンナップドライバ (32/64ビット)

起動時クリーンナップドライバは、オペレーティングシステムのドライバ群より先にロードされ、ブート型ルートキットを検出、遮断します。ビジネスセキュリティクライアントのロード後、起動時クリーンナップドライバはダメージクリーンナップサービスを呼び出して、ルートキットをクリーンナップします。

メモリ検査パターンファイル

リアルタイムスキャンでは、このパターンファイルを使用して、挙動監視によって識別された実行可能な圧縮ファイルを評価します。

CIエンジン (32/64ビット)

CIエンジンは、あまり普及していないファイルで実行されるプロセスを監視し、動作の特性を抽出します。抽出された情報は、CIクエリハンドラによって、分析のために機械学習型検索エンジンに送信されます。

CIパターンファイル

CIパターンファイルには、既知のいずれの脅威にも関連しない「承認済み」の動作のリストが含まれます。

CIクエリハンドラ (32/64ビット)

CIクエリハンドラは、CIエンジンで特定された動作を処理し、機械学習型検索エンジンにレポートを送信します。

高度な脅威検索エンジン (32/64ビット)

高度な脅威検索エンジンは、あまり普及していないファイルからファイル特性を抽出し、その情報を機械学習型検索エンジンに送信します。

高度な脅威相関パターンファイル

高度な脅威相関パターンファイルには、既知のいずれの脅威にも関連しないファイル特性のリストが含まれます。

表 2. スパイウェア対策

コンポーネント

説明

スパイウェア/グレーウェア検索エンジンv.6 (32ビット)

32ビットOSを実行する感染コンピュータとサーバからスパイウェアを検出して削除する独立した検索エンジンです。

スパイウェア/グレーウェア検索エンジンv.6 (64ビット)

32ビットシステム用のスパイウェア検索エンジンと同様に、この検索エンジンは64ビットOS上でスパイウェアを検出し、削除します。

スパイウェア/グレーウェアパターンファイルv.6

既知のスパイウェアを特定するための情報が格納されており、スパイウェア検索エンジン (32ビットと64ビットの両方) でデバイス上のスパイウェアを手動検索および予約検索により検出するのに使用されます。

スパイウェア/グレーウェアパターン

既知のスパイウェアを特定するための情報が格納されており、スパイウェア検索エンジン (32ビットと64ビットの両方) でデバイス上のスパイウェアを手動検索および予約検索により検出するのに使用されます。

表 3. URLフィルタ

コンポーネント

説明

URLフィルタエンジン (32ビット/64ビット)

ページを評価するためのクエリをビジネスセキュリティデータベースで実行するエンジンです。

表 4. 挙動監視

コンポーネント

説明

挙動監視コアドライバ (32ビット/64ビット)

このモジュールは、クライアント上のプロセスの挙動を検出します。

挙動監視コアサービス (32ビット/64ビット)

ビジネスセキュリティクライアントは、このサービスを使用して、挙動監視コアモジュールを制御します。

ポリシー施行パターンファイル

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスWebコンソールに設定され、クライアントによって施行されるポリシーのリストです。

デジタル署名パターンファイル

トレンドマイクロが認定した、安全なソフトウェアを提供している企業のリストです。

挙動監視設定パターンファイル

挙動監視ドライバではこのパターンファイルを使用して通常のシステムイベントを識別し、それらをポリシー施行から除外します。

挙動監視検出パターンファイル (32/64ビット)

不審な脅威の挙動の検出に使用するルールが含まれるパターンファイルです。

メモリ検索実行パターンファイル (32ビット/64ビット)

疑わしい脅威の挙動の検出に使用するルールが含まれるパターンファイルです。

プログラム検査エンジン (32ビット/64ビット)

プログラム検査エンジンは、ユーザモードイベントを非同期 (ASYNC) モードの挙動監視コアサービスに渡します。

プログラム検査監視パターンファイル

プログラム検査監視パターンファイルは、挙動監視に使用される検査ポイントを監視し、保存します。

ダメージリカバリエンジン (32ビット/64ビット)

ダメージリカバリエンジンは、不審な脅威によってファイルの変更やその他の不正な処理が実行される前に、システムイベントとバックアップファイルを受け取ります。また、ファイルのリカバリリクエストを受け取った後に、影響を受けたファイルを復元します。

ダメージリカバリパターンファイル

ダメージリカバリパターンファイルには、不審な脅威の挙動監視に使用されるポリシーが含まれています。

表 5. 情報漏えい対策

コンポーネント

説明

情報漏えい対策アプリケーションパターンファイル

情報漏えい対策アプリケーションパターンファイルには、情報漏えい対策がChromeで使用するポリシーが含まれています。

表 6. アグレッシブ検索

コンポーネント

説明

スマートスキャンアグレッシブパターンファイル

アグレッシブ検索で脅威の特定に使用されるパターンファイルです。

プログラム検査パターンファイル

アグレッシブ検索で偽セキュリティソフト (FAKEAV) の脅威の特定に使用されるパターンファイルです。

表 7. 大規模感染予防

コンポーネント

説明

脆弱性診断パターンファイル (32ビット/64ビット)

すべての脆弱性のデータベースが格納されたファイルです。脆弱性診断パターンファイルは、既知の脆弱性を検索するように検索エンジンに指示します。

表 8. ネットワークウイルス

コンポーネント

説明

ファイアウォールパターンファイル

ウイルスパターンファイルと同様、ファイアウォールパターンファイルは、ビジネスセキュリティクライアントで、ウイルスシグネチャ (ネットワークウイルスの存在を示すビットやバイトの一意のパターン) の識別に使用されます。

ファイアウォールドライバ (32/64ビット)

ファイアウォールドライバは、ユーザ指定によるファイアウォールの設定と合わせ、大規模感染が発生したときにポートをブロックします。

TDIドライバ (32ビット/64ビット)

ネットワークトラフィックを検索モジュールにリダイレクトするモジュールです。

表 9. ブラウザ脆弱性対策

コンポーネント

説明

ブラウザ脆弱性対策パターンファイル

このパターンファイルは、最新のWebブラウザ脆弱性を識別し、脆弱性によりWebブラウザが悪用されることを防ぎます。

スクリプトアナライザ共通パターンファイル

このパターンファイルは、Webページ内のスクリプトを分析し、不正なスクリプトを特定します。