一般検索設定

注:

この機能は、現在Windowsのデバイスでのみ使用できます。

  1. [管理] > [グローバル設定] > [セキュリティ設定] タブ > [一般検索] に移動します。
  2. 必要に応じて次の項目を設定します。
    • 遅延検索を有効にする:管理者は、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスをファイルの設定を遅延させるように設定できます。ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでユーザにファイルのコピーを許可し、次にコピープロセスの完了後にファイルを検索します。この遅延した検索により、コピーおよび検索プロセスのパフォーマンスを向上させることができます。

    • Microsoft Exchange server 2003フォルダを除外する:このオプションがオンの場合は、Microsoft Exchangeサーバにインストールされているビジネスセキュリティクライアントが検索を実行するときに、Microsoft Exchange 2003のフォルダは検索対象外となります。

      他のバージョンのExchangeサーバフォルダの除外に関する詳細は、https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb332342.aspxを参照してください。

    • Microsoftドメインコントローラフォルダを除外する (手動および予約のスパイウェア/グレーウェア検索には適用できません):このオプションがオンの場合は、ドメインコントローラにインストールされているビジネスセキュリティクライアントが検索を実行するときに、ドメインコントローラのフォルダは検索対象外となります。これらのフォルダには、ユーザ情報、ユーザ名、パスワードなどの情報が格納されています。

    • シャドウコピーセクションの除外:シャドウコピーまたはボリュームスナップショットのサービスによって、指定のボリューム上のファイルまたはフォルダのバックアップコピーまたはスナップショットが手動または自動で作成されます。

    • 行われなかった予約検索を翌日の同じ時刻に実行:行われなかった週1回あるいは月1回の予約検索を翌日に実行するかどうかを示します。このオプションが有効であり、検索が開始予約されたときにクライアントが使用不可の場合、検索は翌日の同じ時刻でクライアントが使用可能な場合に実行されます。ただし、[予約検索] を開始した後で、コンピュータをシャットダウンするなど、ユーザによりキャンセルまたは中断された場合、クライアントは [予約検索] を実行しません。

  3. [保存] をクリックします。