承認済み/ブロックするURL

承認済みリストおよびブロックリストを使用すると、URLフィルタを設定するおよびWebレピュテーションの定義済みカテゴリを上書きできます。

注:

ブロックリストはURLフィルタでのみサポートされ、承認済みリストはURLフィルタとWebレピュテーションの両方でサポートされます。

グローバルな承認済み/ブロックするリストを設定します。次の表はこれらのリストの適用方法を示しています。

表 1. 承認済み/ブロックリストのサポート

リスト

適用元...

例外...

WebレピュテーションおよびURLフィルタ承認済みリスト

すべてのWindows、Mac、Androidデバイス

固有の承認済みリストがあるグループのWindows、Mac、Androidデバイス

URLフィルタのブロックリスト

すべてのWindowsおよびAndroidデバイス

固有のブロックリストがあるグループのWindowsおよびAndroidデバイス

  1. [管理] > [グローバル設定] > [承認/ブロック設定] タブ に移動します。
  2. 必要に応じて次の項目を設定します。
    • 承認するURL: 複数のURLを指定する場合は、スペース、カンマ (,)、セミコロン (;)、または <ENTER> で区切って入力してください。[追加] をクリックします。

    • ブロックするURL: 複数のURLを指定する場合は、スペース、カンマ (,)、セミコロン (;)、または <ENTER> で区切って入力してください。[追加] をクリックします。

    注:

    1つのURLを承認またはブロックすると、そのすべてのサブドメインも承認またはブロックされます。

    URLをリストに追加する際は、次の点に注意してください。

    • URLには、アスタリスク (*) をワイルドカードとして使用できます (アスタリスクは、0個以上の文字に相当します)。

    • ブロックリストよりも承認済みリストが優先されます。

    • URLは「http:」または「https://」で始まる必要があります。

    ワイルドカードの適切な使用例を次に示します。

    • http://www.example.com/*

    • http://*.example.com

    URLの末尾にワイルドカードを使用することはできません。

    • http://www.example.com*

    • http://www.example.*

    • http://www.example.com.tw.*

    • http://*.example.*

    ホスト名の最後の文字にワイルドカードを使用することはできません。

    • http://www.example.*/test/abc.htmlは、http://www.example.*/*のように指定します。

    • http://www.example.com*/123/は、http://www.example.com*/*のように指定します。

    フィルタでは、パスではなく完全修飾ドメイン名のみがサポートされます。たとえば次のようになります。

    • http://www.example.com/hu*は、http://www.example.com/*のように指定します。

    • http://www.ex*le.com/abc/*.*は、http://www.ex*le.com/*のように指定します。

  3. [保存] をクリックします。