デバイスコマンドを使用する

図 1. デバイスコマンドメニューを使用する

デバイスツリーからグループを選択すると、そのグループに属するビジネスセキュリティクライアントの一覧が表の右側に表示されます。表上部のメニューバーにあるコマンドを使用してビジネスセキュリティクライアントを管理できます。一部のコマンドは特定の種類のグループでのみ利用できます。選択したグループの種類によっては、無効になっていることがあります。

  • [デバイス] 画面の一番上にある検索バーで、名前、ラベル、IPアドレスを使用してデバイスを検索します。

    ヒント:

    ネットワーク内のデバイスを検索する場合、IPアドレスの一部を入力して検索できます。たとえば、「192」を検索すると「192」を含むIPアドレスがすべて返され、「192.」を検索すると「192」で始まるIPアドレスだけがすべて返されます。ただし、デバイス名の検索には、ワイルドカードや特殊記号 (*、+、(、)、-、&) を使用できません。

  • テーブルの右上隅にある [列のカスタマイズ] をクリックし、表示する列を選択します。

図 2. カンパニールートコマンドメニュー
表 1. カンパニールートコマンド

コマンド

説明

デバイスの追加

ビジネスセキュリティクライアントをインストールする方法を選択し、対象デバイスをグループに割り当てることができます

詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。

グローバル設定

セキュリティ検索、承認済み/ブロックリスト、ビジネスセキュリティクライアントコントロール、デバイス管理など、ビジネスセキュリティクライアント全体の設定を行います。

詳細については、グローバル設定を参照してください。

通常検索の開始

通常検索を開始します。

注:

本機能は、バージョン6.2 以前の手動検索と同じ機能であり、Windows およびMacビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

アグレッシブ検索の開始

アグレッシブ検索を開始します (通常検索実行後に不審な挙動が見られる場合などに実行してください)。

注:
  • アグレッシブ検索は、バージョン6.3以降のWindowsビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

  • アグレッシブ検索では、通常検索に比べデバイスのパフォーマンスに影響する場合や、誤検出が発生する場合があります。

検索停止

実行中の通常検索またはアグレッシブ検索を停止します。

注:

検索停止は、Windowsビジネスセキュリティクライアントで実行可能です。

エクスポート

ビジネスセキュリティクライアント情報の一覧をCSVファイル形式で保存します。

今すぐアップデート

ビジネスセキュリティクライアントを最新のコンポーネントにアップデートします。

クライアントのアンインストール

選択したデバイスからビジネスセキュリティクライアントを削除します。

手動グループに移動

Active Directoryドメイングループから特定の手動グループにデバイスを移動します

ドメインOUに復元

既にActive Directoryドメインに登録されているデバイスを、手動グループからそのデバイスが属するドメイングループに移動します

詳細については、手動グループからActive Directoryドメイングループにデバイスを復元するを参照してください。

暗号化

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスでディスク全体の暗号化を実行します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。

復号

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスを復号します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。

図 3. Active Directoryグループデバイスコマンドメニュー
表 2. Active Directoryグループデバイスコマンド

コマンド

説明

デバイスの追加

ビジネスセキュリティクライアントをインストールする方法を選択し、対象デバイスをグループに割り当てることができます

詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。

ポリシーの設定

Windows ビジネスセキュリティクライアントのリアルタイム検索等を設定します

詳細については、グループセキュリティ設定を参照してください。

通常検索の開始

通常検索を開始します。

注:

本機能は、バージョン6.2 以前の手動検索と同じ機能であり、Windows およびMacビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

アグレッシブ検索の開始

アグレッシブ検索を開始します (通常検索実行後に不審な挙動が見られる場合などに実行してください)。

注:
  • アグレッシブ検索は、バージョン6.3以降のWindowsビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

  • アグレッシブ検索では、通常検索に比べデバイスのパフォーマンスに影響する場合や、誤検出が発生する場合があります。

検索停止

実行中の通常検索またはアグレッシブ検索を停止します。

注:

検索停止は、Windowsビジネスセキュリティクライアントで実行可能です。

エクスポート

ビジネスセキュリティクライアント情報の一覧をCSVファイル形式で保存します。

今すぐアップデート

ビジネスセキュリティクライアントを最新のコンポーネントにアップデートします。

クライアントのアンインストール

選択したデバイスからビジネスセキュリティクライアントを削除します。

手動グループに移動

Active Directoryドメイングループから特定の手動グループにデバイスを移動します

暗号化

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスでディスク全体の暗号化を実行します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。

復号

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスを復号します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。

図 4. 手動グループデバイスコマンドメニュー
表 3. 手動グループデバイスコマンド

コマンド

説明

デバイスの追加

ビジネスセキュリティクライアントをインストールする方法を選択し、対象デバイスをグループに割り当てることができます

詳細については、ビジネスセキュリティクライアントのインストールの概要を参照してください。

ポリシーの設定

Windows ビジネスセキュリティクライアントのリアルタイム検索等を設定します

詳細については、グループセキュリティ設定を参照してください。

通常検索の開始

通常検索を開始します。

注:

本機能は、バージョン6.2 以前の手動検索と同じ機能であり、Windows およびMacビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

アグレッシブ検索の開始

アグレッシブ検索を開始します (通常検索実行後に不審な挙動が見られる場合などに実行してください)。

注:
  • アグレッシブ検索は、バージョン6.3以降のWindowsビジネスセキュリティクライアントをサポートします。

  • アグレッシブ検索では、通常検索に比べデバイスのパフォーマンスに影響する場合や、誤検出が発生する場合があります。

検索停止

実行中の通常検索またはアグレッシブ検索を停止します。

注:

検索停止は、Windowsビジネスセキュリティクライアントで実行可能です。

エクスポート

ビジネスセキュリティクライアント情報の一覧をCSVファイル形式で保存します。

今すぐアップデート

ビジネスセキュリティクライアントを最新のコンポーネントにアップデートします。

クライアントのアンインストール

選択したデバイスからビジネスセキュリティクライアントを削除します。

ドメインOUに復元

既にActive Directoryドメインに登録されているデバイスを、手動グループからそのデバイスが属するドメイングループに移動します

詳細については、手動グループからActive Directoryドメイングループにデバイスを復元するを参照してください。

暗号化

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスでディスク全体の暗号化を実行します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。

復号

Microsoft BitLocker ドライブ暗号化を実行し、選択したデバイスを復号します

詳細については、ディスクの暗号化を管理するを参照してください。