検索対象からのフォルダの除外

重要:

感染したファイルを復号すると、他のファイルにウイルス/不正プログラムの感染が拡大するおそれがあります。

注:

この機能は、Windowsのデバイスでのみ使用できます。

感染ファイル暗号化処理の復元ツールを使用するときに、ビジネスセキュリティクライアントが再度同じウイルス/不正プログラムを検出しないようにするには、リアルタイム検索からファイルの復号先フォルダを除外する必要があります。

  1. ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス Webコンソールからビジネスセキュリティクライアントに権限を付与します。
    1. [デバイス] に移動します。
    2. ビジネスセキュリティクライアントを含むグループを選択します。
    3. [ポリシーの設定] を選択します。
    4. [Windows] タブで [クライアントの権限] を選択します。
    5. [ウイルス対策/スパイウェア対策] セクションで [リアルタイム検索の設定] を選択します。
  2. デバイス上の復号するファイルがあるディレクトリを、ビジネスセキュリティクライアントコンソールから除外します。
    1. タスクバーのビジネスセキュリティクライアントのアイコンを右クリックします。
    2. [ビジネスセキュリティクライアントを開く]をクリックします。
    3. [設定] をクリックします。
    4. [保護] タブで、ドロップダウンリストから [リアルタイム検索] を選択します。
    5. [検索除外] の下で、[検索除外を有効にする] を選択します。
    6. 除外するディレクトリ (またはファイル) を追加します。
    7. [OK] をクリックします。