ログオンスクリプトセットアップツール

ログオンスクリプトセットアップは、保護されていないWindowsデバイスがネットワークにログオンした時点で、そのコンピュータにビジネスセキュリティクライアントを自動的にインストールします。ログオンスクリプトセットアップは、「WFBSSVC.bat」というバッチファイルをサーバログオンスクリプトに追加します。ユーザがドメインにログオンすると、保護されていないWindowsデバイスにビジネスセキュリティクライアントが自動的にインストールされます。ただし、ユーザアカウント制御 (UAC) が有効になっているサポート対象プラットフォームでは、自動インストールが動作しません。これらのコンピュータを使っているユーザは、適切なサーバでインストール用のMSIファイルを右クリックし、[管理者として実行] を選択する必要があります。また、これらのユーザは別のインストール方法を選択することもできます。

  1. [管理] > [ツール] の順に選択します。

    [ツール] 画面が表示されます。

  2. [ログオンスクリプトのセットアップ] の下で [ダウンロード] をクリックします。

    LoginScriptSetup.exe というファイルがダウンロードされます。

  3. [デバイス] に移動します。
  4. [デバイスの追加] をクリックします。
  5. [インストールパッケージのダウンロード] の下で [パッケージのダウンロード] をクリックし、[ダウンロード] をクリックします。

    ビジネスセキュリティクライアントのインストールパッケージが、指定された場所にダウンロードされます。

  6. ログオンスクリプトセットアップツールを実行します。 ログオンスクリプトのコンソールにはネットワーク上のすべてのドメインとサーバがツリーに表示されます。
  7. ログオンスクリプトの変更を行うサーバを選択します。
    注:

    サーバがプライマリドメインコントローラであることと、そのサーバへの管理者のアクセス権限があることを確認してください。

  8. [選択] をクリックします。 ログオンスクリプトウィザードで、ユーザ名とパスワードの入力が求められます。
  9. ユーザ名とパスワードを入力します。
  10. [OK] をクリックして続行します。

    [ユーザの選択] 画面が表示されます。[ユーザ] リストには、このサーバにログオンするユーザのプロファイルが表示されます。

  11. [選択可能なユーザ] 画面から、ビジネスセキュリティクライアントが自動的に追加されるようにログオンスクリプトを変更するユーザを追加します。
  12. [OK] をクリックします。
  13. ビジネスセキュリティクライアントのインストールパッケージの場所を指定します。
  14. [OK] をクリックします。