Active Directory統合の設定

Active Directoryの構造と自動的に同期するには、以下を設定します。

  • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスWebコンソールの統合設定

  • Trend Micro Common Active Directory Synchronization Tool

  1. [管理] > [Active Directoryの設定] に移動します。
  2. [統合の指定] をクリックします。

    [統合設定] タブが表示されます。

  3. [Active Directoryドメイン] で、[ドメインの追加] をクリックします。

    [ドメインの追加] 画面が表示されます。

  4. ルートDNを指定してください。

    Active Directoryの構造に複数のドメインが含まれている場合は、ポート389を通じて通信するドメインだけを追加します。ポート3268を通じて通信するドメインを追加すると、ビジネスセキュリティクライアントがデバイスツリーの初期設定のフォルダに置かれ、Active Directoryの構造に基づいてビジネスセキュリティクライアントを管理できなくなります。

    "「ルートDN」" の探し方については、Active Directoryサーバの管理者ガイドを参照してください。

  5. [追加] をクリックします。

    ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスで、[Active Directoryドメイン] セクションにドメインが追加されます。

  6. [同期] セクションで、Common Active Directory Synchronization Toolとウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス間でActive Directoryデータを同期する頻度を指定します。
  7. アクティブなコンピュータとのみ同期するには、[N日間ログオンしていないコンピュータを除外します] を選択し、数字を指定します。
  8. [保存] をクリックします。
  9. 表示された画面で、[[同期ツール] タブを開く] をクリックします。

    [同期ツール] タブが表示されます。

  10. Common Active Directory Synchronization Toolをダウンロードして、Active Directoryサーバに接続できる高パフォーマンスのデバイスにインストールします。

    システム要件の詳細については、Common Active Directory Synchronization Toolのシステム要件を参照してください。

  11. [同期ツール] タブの指示に従って統合を完了します。

    同期設定を適用してから、Common Active Directory Synchronization Tool を閉じてください。

    注:

    Common Active Directory Synchronization Toolを実行しているデバイスを再起動する場合、OSの再起動後に手動でツールを起動し、必要なサービスを実行する必要があります。