Active Directoryの構造の手動インポート

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでActive Directoryの構造を利用してビジネスセキュリティクライアントを整理するには、Active Directoryの構造をLDAPデータ交換形式 (LDIF) ファイルにエクスポートし、そのファイルをウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスWebコンソールにインポートする必要があります。

注:

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスでは、Active Directoryサーバとのアクティブな接続が維持されません。Active Directoryに行われた変更が自動的に同期されることはありません。Active Directoryの構造を変更した場合、構造をエクスポートし、ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスWebコンソールに再インポートする必要があります。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスWebコンソールでActive Directory 設定を行うには、次の手順を実行します。

  1. Active Directoryエクスポート設定を指定する

  2. Active Directoryの構造のエクスポート

  3. LDIFファイルをインポートする