コマンドラインインタフェースを使用してビジネスセキュリティサーバでDisk Cleanerを実行する

  1. ビジネスセキュリティサーバで、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。
  2. コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。 TMDiskCleaner.exe [/hide] [/log] [/allowundo]
    • /hide:ツールをバックグラウンドプロセスとして実行します。

    • /log:処理のログをDiskClean.logとして現在のフォルダに保存します。

      注:

      /logは、/hideの使用時のみ使用可能になります。

    • /allowundo:ファイルをごみ箱に移動します。完全な削除は行いません。

  3. Disk Cleanerツールを頻繁に実行するには、Windowsのスケジュールタスクを使用して新しいタスクを設定します。詳細については、Windowsのドキュメントを参照してください。