ビジネスセキュリティクライアントのインストール方法

ここでは、ビジネスセキュリティクライアントの新規インストールを実行するさまざまな方法の概要を説明します。すべてのインストール方法で、インストール先クライアントのローカル管理者権限が必要となります。

ビジネスセキュリティクライアントをインストールし、IPv6のサポートを有効にする場合は、ビジネスセキュリティクライアントのインストールとIPv6のサポートのガイドラインをお読みください。

表 1. インストール方法

インストール方法/OSでのサポート

インストールについての考慮事項

WAN経由のインストールに適している

集中管理に適している

ユーザの介入が必要

ITリソースが必要

大量インストールに適している

帯域幅の消費量

インストール用Webページ

すべてのOSでサポート

×

×

少ない (予約される場合)

メール通知

すべてのOSでサポート

×

×

多い (インストールが同時に開始される場合)

リモートインストール

次を除くすべてのOSでサポート:

  • Windows Vista Home BasicおよびHome Premium Edition

  • Windows XP Home Edition

  • Windows 7 Home Basic/Home Premium

×

×

少ない (予約される場合)

ログオンスクリプトウィザード

すべてのOSでサポート

×

×

多い (インストールが同時に開始される場合)

Client Packager

すべてのOSでサポート

×

×

少ない (予約される場合)

脆弱性検索ツール (TMVS)

次を除くすべてのOSでサポート:

  • Windows Vista Home BasicおよびHome Premium Edition

  • Windows XP Home Edition

  • Windows 7 Home Basic/Home Premium

×

×

少ない (予約される場合)

単一サイトにインストールする場合、またはITポリシーが厳格に施行されている組織の場合は、リモートインストールまたはログオンスクリプトウィザードによるインストールを選択できます。

組織内でITポリシーがそれほど厳格に施行されていない場合は、インストール用Webページを使用してビジネスセキュリティクライアントをインストールすることをお勧めします。ただし、この方法では、エンドユーザに、ビジネスセキュリティクライアントをインストールするための管理者権限が必要になります。

リモートインストールは、Active Directoryを使用するネットワークに適しています。Active Directoryを使用していない場合は、インストール用Webページを使用してください。