ビジネスセキュリティクライアントのアップデートに関する注意事項とヒント

  • ビジネスセキュリティクライアントは、ビジネスセキュリティサーバ、アップデートエージェント、またはトレンドマイクロのアップデートサーバからアップデートされます。

    アップデートプロセスの詳細については、アップデートの概要を参照してください。

  • IPv6シングルスタックのビジネスセキュリティクライアントは、IPv4シングルスタックのビジネスセキュリティサーバ/アップデートエージェントおよびトレンドマイクロのアップデートサーバから直接アップデートを取得できません。

    同様に、IPv4シングルスタックのビジネスセキュリティクライアントは、IPv6シングルスタックのビジネスセキュリティサーバ/アップデートエージェントから直接アップデートを取得できません。

    このような状況でビジネスセキュリティクライアントがアップデートを取得できるようにするには、DeleGateなどのIPアドレスを変換できるデュアルスタックプロキシサーバが必要です。

  • ビジネスセキュリティクライアントでアップデートされるコンポーネントの詳細については、アップデート可能なコンポーネントを参照してください。

  • アップデート時、ビジネスセキュリティクライアントはコンポーネントの他に、アップデートされた設定ファイルをビジネスセキュリティサーバから受信します。ビジネスセキュリティクライアントに新しい設定を適用するには、設定ファイルが必要です。管理コンソールからビジネスセキュリティクライアントの設定を変更するたびに、設定ファイルの内容が変更されます。