クライアント権限を設定する

  1. [セキュリティ設定] に移動します。
  2. 移動したいクライアントが含まれるグループを選択します。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [クライアント権限] をクリックします。
  5. 必要に応じて次の項目をアップデートします。

    セクション

    権限

    ウイルス/スパイウェア対策

    • 手動検索の設定

    • 予約検索の設定

    • リアルタイム検索の設定

    • 予約検索のスキップ

    ファイアウォール

    ファイアウォール設定

    Webレピュテーション - 閲覧を許可

    コンピュータを再起動するまで特定の不正URLの閲覧を許可するリンクが表示されます。他の不正URLについては警告が引き続き表示されます。

    URLフィルタ - 閲覧を許可

    コンピュータを再起動するまで特定の禁止URLの閲覧を許可するリンクが表示されます。他の禁止URLについては警告が引き続き表示されます。

    挙動監視

    ユーザに挙動監視設定の変更を許可します。

    信頼済みプログラム

    ユーザに信頼済みプログラムリストの変更を許可します。

    プロキシ設定

    ユーザによるプロキシ設定を許可します。

    注:

    この機能を無効にすると、プロキシ設定が初期設定にリセットされます。

    アップデート権限

    • 手動アップデートの実行を許可します。

    • トレンドマイクロのアップデートサーバを2次アップデート元として使用します。

    • 自動でのビルドのアップグレード、HotFix、Critical Patch、Patch、Service Packを無効にします。

      注:

      HotFix、Patch、Critical Patch、およびService Packを同時に多数のビジネスセキュリティクライアントに配信すると、ネットワークトラフィックが大幅に増加することがあります。時間をずらして配信できるよう、数グループごとにこのオプションを有効にすることを検討してください。

      このオプションを有効にすると、ビジネスセキュリティクライアントの自動ビルドアップグレード (たとえば、現在の製品バージョンのベータビルドからリリースビルドへ) は無効になりますが、自動バージョンアップグレード (たとえば、バージョン7.xから現在のバージョンへ) は無効になりません。自動バージョンアップグレードを無効にするには、ビジネスセキュリティサーバのインストールパッケージを実行し、アップグレードを延期するオプションを選択します。

    クライアントのセキュリティ

    ユーザや他のプロセスによるトレンドマイクロのプログラムファイル、レジストリ、およびプロセスの変更を禁止する

  6. [保存] をクリックします。