Client Packagerを使用したインストール

Client Packagerは、CD-ROMなどの従来型メディアを使用するユーザに送付可能なインストールパッケージを作成します。ユーザはクライアントでパッケージを実行して、ビジネスセキュリティクライアントのインストールやアップグレード、およびコンポーネントのアップデートを実行します。

Client Packagerは、次の場合に特に便利です。

  • ビジネスセキュリティクライアントまたはコンポーネントを、遠隔地にある帯域幅の狭いオフィスのクライアントにインストールする場合

  • インターネットへの接続に関して制限が設けられている環境、つまりクローズドLANの場合やインターネット接続ができない環境の場合

Client Packagerを使用してインストールされたビジネスセキュリティクライアントは、パッケージ作成元のサーバにレポートを送信します。

  1. ビジネスセキュリティサーバコンピュータで、 <サーバのインストールフォルダ>\PCCSRV\Admin\Utility\ClientPackagerに移動します。
  2. ClnPack.exeをダブルクリックします。

    Client Packagerのコンソールが開きます。

  3. パッケージの作成対象のOSを選択します。パッケージは、対象となる種類のOSを実行するクライアントにのみインストールします。別の種類のOSには、別のパッケージを作成してインストールします。
  4. パッケージの検索方法を選択します。

    検索方法の詳細については、検索方法を参照してください。

    パッケージに含まれるコンポーネントは、選択した検索方法に応じて異なります。スマートスキャンでは、ウイルスパターンファイル以外のすべてのコンポーネントが含まれます。従来型スキャンでは、スマートスキャンエージェントパターン以外のすべてのコンポーネントが含まれます。

  5. 作成するパッケージの種類を選択します。
    表 1. クライアントパッケージの種類

    パッケージの種類

    説明

    セットアップ

    [セットアップ] を選択すると、パッケージはMSIファイルで作成されます。このファイルは、Microsoftインストーラパッケージ形式に準拠しています。このパッケージでは、ビジネスセキュリティクライアントのプログラムと、ビジネスセキュリティサーバで現在使用可能なコンポーネントがインストールされます。

    対象クライアントに以前のバージョンのビジネスセキュリティクライアントがインストールされており、それをアップグレードする場合は、そのクライアントを管理するビジネスセキュリティサーバからMSIファイルを作成します。それ以外の場合、クライアントはアップグレードされません。

    アップデート

    [アップデート] を選択すると、ビジネスセキュリティサーバで現在使用可能なコンポーネントを含むパッケージが作成されます。このパッケージは、実行可能ファイルで作成されます。ビジネスセキュリティクライアントがインストールされたクライアントで、コンポーネントのアップデートに問題がある場合、このパッケージを使用します。

  6. [サイレントモード] をクリックすると、バックグラウンドでクライアントにインストールするパッケージが作成されます。バックグラウンドでのインストールは、クライアントユーザを煩わせることがなく、インストール状況ウィンドウも表示されません。このオプションは、遠隔地のクライアントにパッケージをインストールする場合に選択します。
  7. [インストール前のウイルス検索の無効化 (新規インストールのみ)] は、ビジネスセキュリティクライアントをインストールする前にクライアントで脅威の検索を実行しない場合に選択します。これは、そのクライアントが脅威にさらされていないことが確かな場合に実行します。

    事前検索が有効な場合、セットアップでは、次に示すようなコンピュータの最も脆弱な領域でウイルスおよび不正プログラムが検索されます。

    • システム領域とシステムフォルダ (システム領域感染型ウイルスの検索)

    • Windowsフォルダ

    • Program Filesフォルダ

  8. [ソースファイル] の横に表示されているofcscan.iniファイルの場所が正しいことを確認します。パスを変更するには、() をクリックしてofcscan.iniファイルを参照します。初期設定で、このファイルは<サーバのインストールフォルダ>\PCCSRVにあります。
  9. [出力ファイル] で、() をクリックしてパッケージの作成場所を指定し、パッケージのファイル名を入力します (たとえば、ClientSetup.exe)。
  10. [作成] をクリックします。

    パッケージが作成されると、"パッケージは正常に作成されました。"というメッセージが表示されます。前の手順で指定したディレクトリにパッケージがあることを確認します。

パッケージをクライアントにインストールします。

クライアントの要件:

  • パッケージの検索方法が従来型スキャンの場合は1GB、スマートスキャンの場合は500MBの空きディスク領域

  • Windowsインストーラ3.0 (MSIパッケージを実行する場合)

パッケージによるインストールのガイドライン:

  • パッケージをユーザに送付して、そのファイル (.msiまたは.exe) をダブルクリックしてパッケージを実行するよう指示します。

    注:

    パッケージは、パッケージ作成元のサーバにレポートを送信するビジネスセキュリティクライアントのユーザにのみ送信します。

  • Windows Vista、7、8、Server 2008、SBS 2011、またはServer 2012を実行するコンピュータで.exeパッケージを実行するユーザがいる場合は、.exeファイルを右クリックして、[管理者として実行] を選択するよう指示してください。

  • Active Directoryを使用している場合は、各ユーザにビジネスセキュリティクライアントをインストールするよう求めなくても、.msiファイルを使用して、ビジネスセキュリティクライアントをすべてのクライアントに同時かつ自動的にインストールできます。クライアントにログオンするユーザに関係なくビジネスセキュリティクライアントをインストールできるように、[ユーザの構成] ではなく [コンピュータの構成] を使用します。

  • 新規インストールしたビジネスセキュリティクライアントがビジネスセキュリティサーバに接続できない場合、ビジネスセキュリティクライアントは初期設定を保持しています。ビジネスセキュリティクライアントは、ビジネスセキュリティサーバに接続する際に管理コンソールで自分のグループの設定を取得します。

  • Client Packagerを使用したビジネスセキュリティクライアントのアップグレードの際に問題が発生した場合は、まず前のバージョンのビジネスセキュリティクライアントをアンインストールしてから新しいバージョンをインストールすることをお勧めします。アンインストール手順の詳細については、ビジネスセキュリティクライアントを削除するを参照してください。