インターネットセキュリティログ

不正プログラム、ネットワーク上の脅威、およびその他の潜在的な危害に対する検索エンジンによる保護状況を確認および分析します。ログを確認した後、ネットワークの保護を強化するために、セキュリティ機能を有効または無効にしたり、処理、スケジュール、ユーザポリシーを調整したりできます。

  1. [分析とレポート] > [ログ分析] > [インターネットのセキュリティ] に移動します。
  2. 画面の右側のグラフで、結果を視覚的に確認します。

    必要に応じて以下の検索パラメータを変更できます。選択に応じて、該当するデータでグラフが更新されます。

    項目

    詳細

    期間

    事前定義された期間を選択、または独自の期間を指定します。

    グループ化

    ログフィールドを選択します。

    [期間] の下の値またはグラフ内の項目をクリックすると、検索対象を絞り込むことができます。

    上位

    選択したログフィールドに表示する上位の件数を選択します。

    グラフの種類

    グラフの種類 (線グラフ、棒グラフ、円グラフ、または表グラフ) を表すアイコンをクリックします。

    表グラフにはログデータがそのまま表示されます。表の列を選択すると、必要なデータのみを表示できます。また、画面に表示中のデータをCSVファイルにエクスポートすることもできます。

  3. [保存] をクリックしてから、以下の項目を選択します。

    項目

    詳細

    お気に入りとして保存

    現在の検索パラメータを保存して、今後のログクエリで使用できるようにします。名前と説明を入力して、[保存] をクリックします。

    お気に入りのログは、画面上部の [お気に入り] ドロップダウンボックスと [分析とレポート] > [お気に入りのログ] に追加されます。お気に入りのログをどちらかから選択すると、検索パラメータに該当するログ画面と結果が読み込まれます。

    PDFとして保存

    画面のデータをPDFファイルに保存します。

  4. [新規クエリの開始] をクリックして、新しい検索を開始します。