適用エージェントの設定とダウンロード

IWSaaS適用エージェントをクライアントマシンにインストールすることで、PACファイルの適用およびサポートされるブラウザへのIWSaaS証明書の配信を行うことができます。

インストール前に、IWSaaS管理コンソールで適用エージェントの設定と適用エージェントのインストールパッケージのダウンロードを行います。

  1. [管理] > [サービス配信] > [適用エージェント] に移動します。
  2. [適用エージェント] で、適用エージェントのインストールパッケージの初期設定を確認し、必要に応じて [カスタマイズ] をクリックして初期設定を変更します。

    項目

    詳細

    エージェントのアンインストールパスワード

    IWSaaSでは、権限がないユーザによってエージェントがアンインストールされないようにパスワードを設定する必要があります。パスワードが参照用にプレーンテキストで表示されます。

    パスワードをカスタマイズする場合は、推測されにくいパスワードを入力します。

    ホストされるPACファイル

    IWSaaSには、初期設定のPACファイルが用意されています。

    別のPACファイルを使用する場合は、[管理] > [サービス配信] > [PACファイル] の [PACファイル] 画面で追加しておく必要があります。

    エージェントのトレイアイコン

    この設定は、初期設定では有効になっています。有効になっている場合、コンピュータのシステムトレイにエージェントアイコンが表示され、ユーザがエージェントを一時的に無効にする場合に使用します。

    • Windows

    • Mac

    エージェントを無効にするにはアクセスキーが必要です。アクセスキーは、管理コンソールの [適用エージェント] 画面の下部にある [エージェントの一時無効化] セクションから生成できます。

    エージェントアイコンを表示しない場合は、[エージェントのトレイアイコン] チェックボックスをオフにします。

    禁止ブラウザ

    初期設定では、禁止されているブラウザはありません。

    コンピュータに複数のブラウザをインストールしているユーザがいる場合に、特定のブラウザの使用を禁止するには、該当するブラウザのメインの実行可能ファイルのファイル名を指定します。.exeなどのファイル拡張子は省略できます。複数のエントリはカンマで区切ります。

    禁止するブラウザの名前には、そのブラウザのメインの実行可能プログラムの正式なファイル名を指定する必要があります。正式なファイル名を特定するには、次のいずれかを実行します。

    • Windowsコンピュータの場合は、ブラウザのインストールフォルダを開き、メインの実行可能ファイルを右クリックして [プロパティ] をクリックします。たとえば、Firefoxのファイル名は「firefox」、Operaのファイル名は「launcher」です。

    • Macの場合は、[ユーティリティ] > [アクティビティモニタ] に移動し、ブラウザのプロセス名を探します。たとえば、Chromeのプロセス名は「Google Chrome」です。

  3. [Agent installer] フィールドで、エージェントをインストールするOS (WindowsまたはMac) のボタンをクリックします。 エージェントのインストールパッケージがダウンロードされます。エージェントのインストールと配信については、「適用エージェントの配信」を参照してください。
  4. [エージェントの一時無効化] で、コンピュータでエージェントを一時的に無効にするためのキーを生成します。

    項目

    詳細

    アクセスキーの作成

    キーを生成します。

    有効期限

    カレンダーボタンを使用して日付を指定し、[生成] をクリックします。

    注: コンピュータ上のアクセスキーは、コンピュータのシステム時刻に従って、選択した日の23:59に期限切れになります。

    エージェントアクセスキー

    [生成] をクリックすると、このフィールドには生成されたアクセスキーが表示されます。

    アクセスキーを記録して、エージェントを一時的に無効にする必要のあるユーザに提供します。