適用エージェント

IWSaaS適用エージェントをクライアントマシンにインストールすることで、PACファイルの適用およびサポートされるブラウザへのIWSaaS証明書の配信を行うことができます。

適用エージェントは、WindowsまたはMacにインストールできます。インストールが完了すると、エージェントは次の処理を行います。

  • システムプロキシが指定されたPACファイルに設定されていることを確認します。システムプロキシが変更された場合、適用エージェントは元の設定に戻します。

  • Firefoxのプロキシ設定を [システムのプロキシ設定を使用する] に設定します。

    • Windowsの場合は、この設定をユーザが変更できないようにロックします。

    • Macの場合は、設定が変更されると、元の設定に戻すようにユーザに通知します。ユーザが1分以内に対処しないと、Firefoxは終了します。

  • 管理者によって設定されたプロセスを停止します。初期設定では、適用エージェントはどのプロセスも終了しません。

  • (Windowsベースの適用エージェントのみ) インストール時に、エージェントのインストール後に使用する初期設定のシステムプロキシとして、HTTPローカルプロキシを設定します。これにより、通常であればIWSaaSのクラウドベースのプロキシ (proxy.iws.trendmicro.com) に転送されるトラフィックがローカルプロキシで処理されます。これには、システムプロキシを利用するインストール済みのブラウザやアプリケーションのトラフィックが含まれます。これは、cookieベースの認証の制限に対処するためのメカニズムです。

    • イントラネットトラフィックは、ローカルプロキシからイントラネットの送信先に直接転送されます。

    • インターネットトラフィックは、IWSaaSでユーザの認証が完了していなければ、ローカルプロキシからクラウドベースのプロキシに転送されて認証されます。認証に成功すると、クラウドベースのプロキシからローカルプロキシにユーザID情報が返されます。これにより、以降のトラフィックでは認証が省略され、効率が向上します。認証が必要になるのは、ユーザがモバイルVPNエンドユーザポータルでIWSaaSプロファイルを再生成するときだけです。