ホストされているユーザアカウントのインポート

アカウントのリストを含むCSVファイルを、管理コンソールの [ホストされているユーザ] 画面にインポートします。このファイルは次の場合に生成されます。

  • 事前にユーザのリストをファイルにエクスポートした場合。

  • [ドメイン] 画面でドメインを削除した場合。ドメインに所属するホストされているユーザのリストは、ファイルにエクスポートされて製品購入時にご登録いただいたメールアドレスに送信されます。

  • 管理コンソールからサンプルファイルをダウンロードして、自分でデータを入力した場合。

インポートしたアカウントにはユーザの役割が設定されます。インポート後、必要に応じて、管理コンソールから役割を変更します。

  1. [管理] > [ユーザと認証] > [ホストされているユーザ] に移動します。
  2. [エンドユーザのインポート/エクスポート] をクリックします。
  3. ポップアップウィンドウで [ユーザのインポート] を選択し、[ファイルの選択] をクリックして、アカウントのリストを含むCSVファイルを探します。

    CSVファイルがない場合は、[サンプルファイルのダウンロード] をクリックし、ファイルにデータを入力して、上記の手順を繰り返します。以下に、CSVファイルの列と、指定する必要のあるデータを示します。

    • Email: (必須) アカウント所有者のメールアドレス。

    • Full Name: (必須) 表示名。

    • Password: 空のままにすると、IWSaaSによってランダムなパスワードが生成されます。アカウント所有者は、登録完了メールの [パスワードのリセット] リンクをクリックして永続的なパスワードを指定します。

    • Department: (オプション) 該当する部門が管理コンソールに存在しない場合は、自動的に作成されます。

    • Send email: (オプション) アカウント所有者に登録完了メールを送信する場合は「Yes」と入力します。フィールドが空欄の場合は「No」とみなされます。パスワードを指定しなかった場合は「Yes」と入力してください。

    • Group: (オプション) 1列につき1グループを追加します。該当するグループが管理コンソールに存在しない場合は、自動的に作成されます。

  4. [既存エンドユーザの上書き] をオンにして、既存のアカウント (メールで識別) を、CSVファイル内のデータで更新します。このチェックボックスをオンにしない場合、CSVファイル内の同じアカウントは無視されます。

    既存のアカウントのパスワードは、[上書き] チェックボックスをオンにした場合であっても更新されません。既存のアカウントの役割が管理者である場合、CSVファイル内の同じアカウントは無視されます。

  5. [インポート] をクリックします。