PACファイルの設定ウィンドウ

[PACファイル] 画面からPACファイルを追加、編集、または複製するとポップアップウィンドウが開き、ファイルのオプションを設定できます。

  1. [管理] > [サービス配信] > [PACファイル] に移動して、[追加] をクリックするか、[PACファイル名] 列から既存のPACファイルまたは複製したPACファイルをクリックします。
  2. 次の項目を設定します。

    項目

    詳細

    PACファイル名

    ファイル名

    説明

    (オプション) PACファイルを簡単に識別できる、わかりやすい説明

    PACファイルの場所

    IWSaaSシステム上のPACファイルの場所 (URL形式)

    この情報は、サポートされているブラウザでPACファイルアドレスを設定するときに使用します。たとえばInternet Explorerでは、[ツール] > [インターネット オプション] > [接続] タブ > [LAN の設定] ボタン > [自動構成スクリプトを使用する] チェックボックス > [アドレス] フィールド > でこの情報を指定します。

    この情報は、PACファイルを追加する場合は使用できません。

    Edit in advanced mode

    クリックするとPACファイルの内容がロードされます。

    新しいPACファイルを追加する場合の動作は次のとおりです。

    • 初期設定のPACファイルの内容がロードされます。初期設定のPACファイルの内容の詳細については、「IWSaaSの初期設定PACファイル」を参照してください。

    • 必要に応じて内容を変更します。既存のPACファイルがある場合は、テキストエディタを使用して開き、内容をコピーして、このフィールドに貼り付けます。

    すべての変更内容を元に戻す場合は、[リセット] をクリックします。

    変更が完了したら [Back to basic mode] をクリックします。

    Bypass proxy for these hosts & domains

    PACファイルのトラフィック転送ルールを適用しないホストおよびドメイン

    このオプションは、基本モードでのみ使用できます。ホストおよびドメインをスペースで区切って入力します。マルチバイト文字やASCII以外の文字も使用できます。

  3. [保存] をクリックします。 [PACファイル] 画面が再度開き、PACファイルの詳細が表示されます。