PACファイル

組織のデスクトップからIWSaaSへWebトラフィックを転送する方法の1つが、PACファイルを使用した転送です。

IWSaaSには初期設定のPACファイルが用意されており、このファイルは [PACファイル] 画面からは変更したり削除したりすることはできません。ただし、このファイルを複製してそのコピーを使用し、実際のネットワークのファイアウォールポリシーに従ってカスタマイズできます。

組織内の個人またはグループ用に新しいPACファイルを追加することもできます。

PACファイルは管理コンソールから設定および管理し、最大10個のファイルがサポートされています。すべてのPACファイルを設定したら、それらを使用してトラフィックの転送を開始します。「PACファイルを使用したトラフィック転送」を参照してください。

  1. [管理] > [サービス配信] > [PACファイル] に移動します。
  2. PACファイルを管理します。

    タスク

    詳細

    テーブルでデータを確認する

    • PACファイル名: 初期設定のPACファイルのファイル名 (proxy.pac など)。

    • 説明: PACファイルを簡単に識別できる、わかりやすい説明。

    • PACファイルの場所: IWSaaSシステム上のPACファイルの場所 (URL形式)。初期設定のPACファイルの場合、この場所は http://pac.iws.trendmicro.com/proxy.pac です。

      この情報は、サポートされているブラウザでPACファイルアドレスを設定するときに使用します。たとえばInternet Explorerでは、[ツール] > [インターネット オプション] > [接続] タブ > [LAN の設定] ボタン > [自動構成スクリプトを使用する] チェックボックス > [アドレス] フィールド > でこの情報を指定します。

    PACファイルを追加/編集する

    [追加] をクリックするか、[PACファイル名] 列から既存のPACファイルをクリックして、表示されるウィンドウでオプションを設定します。「PACファイルの設定ウィンドウ」を参照してください。

    PACファイルを削除する

    1つまたは複数のPACファイル (初期設定のPACファイルを除く) を選択して [削除] をクリックします。

    ファイルを削除する前に、該当するPACファイルアドレス ([PACファイルの場所] 列を参照) を参照しているクライアントブラウザがないことを確認してください。参照されているファイルを削除すると、そのブラウザからIWSaaSへトラフィックを転送できなくなります。

    PACファイルを複製する

    この機能は、既存のファイルと設定が類似している新しいPACファイルを追加する場合に便利な方法です。

    PACファイルを選択して [複製] をクリックします。[PACファイル名] 列から複製されたPACファイルをクリックして、表示されるウィンドウでオプションを設定します。「PACファイルの設定ウィンドウ」を参照してください。

    PACファイルをダウンロードする

    [PACファイルの場所] 列のリンクを右クリックして、任意の場所にファイルを保存します。