SAML認証のテスト

同期エージェントとSAMLサーバを設定し、SAMLをユーザ認証方式として指定した後、IWSaaSプロキシサーバにログオンして設定を確認できます。

  1. ブラウザのCookieをすべて消去してから、ブラウザを再起動します。
  2. IWSaaSプロキシサーバを使用するようにブラウザを設定します。詳細については、「PACファイルを使用したトラフィック転送」を参照してください。
  3. 任意のWebサイトにアクセスします。 IWSaaSログインページが表示されます。
  4. Active Directoryアカウント (sAMAccountName@primarydomainの形式またはユーザの電子メールアドレス) を指定して、[ログイン] をクリックします。 SAMLサーバの認証ページが表示されます。
  5. 自分のsAMAccountNameとパスワードを指定します。
    注:

    IWSaaSで設定されているドメインに所属するコンピュータを使用している場合は、パスワードは不要です。

    SAMLサーバでアカウントが検証されると、以降、安全にインターネットにアクセスできます。