URLフィルタポリシーの設定画面

[URLフィルタポリシーの管理] 画面からURLフィルタポリシーを追加または編集すると、ポップアップウィンドウが開き、ポリシーのオプションを設定できます。

  1. [アクセスポリシー] > [URLフィルタポリシー] > [URLフィルタポリシーの管理] に移動して、[追加] をクリックするか、[ポリシー名] 列から既存のポリシーをクリックします。
  2. 次の項目を設定します。

    項目

    詳細

    ポリシー名

    表示名

    有効化

    [オン] または [オフ] をクリックします。

    不要になったポリシーは、オフにするのではなく削除してください。

  3. その他の項目を設定します。

    項目

    詳細

    ユーザ/ユーザグループ

    ポリシーの対象とするユーザまたはユーザグループをリストから選択します。

    ゲートウェイの場所

    ゲートウェイの場所をリストから選択します。ゲートウェイの場所は、[インターネットゲートウェイ] 画面で設定します。

    URLカテゴリ

    URLカテゴリをリストから選択します。「URLフィルタカテゴリのグループ」を参照してください。

    カスタムカテゴリを追加することもできます。「カスタムURLカテゴリ」を参照してください。

    スケジュール

    ポリシーを適用する期間を設定します。ポリシーは、常時適用するか、特定の曜日および時間帯に適用できます。

  4. 処理を選択します。

    項目

    詳細

    許可

    ポリシーに適合するWebサイトにユーザがアクセスできます。

    ブロック

    ポリシーに適合するWebサイトにユーザがアクセスできません。

    この処理を選択した場合、[パスワード入力によるオーバーライド] を選択して、[パスワード] フィールドにパスワードを入力することによって、ブロックされているWebサイトへのアクセスを一部のユーザに許可できます。パスワードを間違えずに設定できるように、[パスワードの表示] を選択します。

    ユーザにパスワードを通知します。あるWebサイトがポリシーに適合すると、パスワードの入力を求めるページが表示され、パスワードを入力するとWebサイトにアクセスできます。

    24時間以内にユーザが同じカテゴリのWebサイトにアクセスした場合、このページは表示されません。ただし、ユーザのWebアクティビティを追跡できるよう、ユーザがアクセスしたWebサイトはすべてログに記録されます。

    パスワードが権限のない第三者に漏えいした場合、この画面からすぐにパスワードを変更してください。

    警告

    ポリシーに適合するWebサイトにアクセスしようとすると、警告ページが表示されます。

    [保護されたページに戻る] をクリックして、そのWebサイトにアクセスしないことが推奨されます。[Webサイトにアクセスする] をクリックしてそのWebサイトにアクセスする場合、パスワードは不要です。

    24時間以内にユーザが同じカテゴリのWebサイトにアクセスした場合、このページは表示されません。ただし、ユーザのWebアクティビティを追跡できるよう、ユーザがアクセスしたWebサイトはすべてログに記録されます。

    監視

    ユーザはポリシーに適合するWebサイトにアクセスできますが、ユーザのアクティビティは後で確認できるようログに記録されます。

  5. [保存] をクリックします。 [URLフィルタポリシー] 画面が再度開き、ポリシーの詳細が表示されます。