URLフィルタポリシー

特定のWebサイトやWebサイトカテゴリへのアクセスを制限するには、URLフィルタポリシーを使用します。各セキュリティポリシーでは、特定のWebサイトやWebサイトカテゴリへのアクセスをブロックしたり、特定のWebサイトがアクセスされた場合に警告を発したりするURLフィルタプロファイルを指定できます。Webカテゴリはトレンドマイクロにより定義されています。

URLフィルタポリシーは、ユーザやグループごとにカスタマイズが可能です。

IWSaaSのポリシーおよび優先順位について確認してください。

  1. [アクセスポリシー] > [URLフィルタポリシー] > [URLフィルタポリシーの管理] に移動します。
  2. [有効化] で、[オン] または [オフ] をクリックします。
  3. ポリシーを管理します。

    タスク

    詳細

    ポリシーを追加/編集する

    [追加] をクリックするか、[ポリシー名] 列から既存のポリシーをクリックして、表示されるウィンドウでオプションを設定します。「URLフィルタポリシーの設定画面」を参照してください。

    ポリシーを削除する

    1つまたは複数のポリシーを選択して [削除] をクリックします。

    ポリシーの優先順位を変更する

    [優先順位] 列で、上向き/下向きのボタンを使ってリスト内でポリシーを上下に移動し、優先順位を変更します。

    テーブルでデータを確認する

    テーブルの各列には、アラートを追加または編集したときに設定した内容と同じデータが表示されます。

    有効になっているポリシーは、[ポリシー名] 列の名前の左側に緑色のLEDアイコンが表示されます。無効になっているポリシーには灰色のLEDアイコンが表示されます。