除外/ブロックURLリストについて

パートナーやベンダーが所有する信頼できるWebサイトでも、そのWebメールやファイルダウンロードがIWSaaSのポリシーによってブロックされる可能性があります。そのようなWebサイトを承認済み (除外) URLリストに追加すると、該当するサイトのファイルはこれらのポリシーを回避できます。

特定のWebページ、ドメイン、URLをブロックするようにIWSaaSを設定することもできます。URLのブロックはポリシーベースではなく、組織内の全ユーザに適用されます。URLブロックの特に強力な機能として、DoS攻撃や新たなインターネットワームなど、突然発生したインターネットの脅威への対応があります。短時間でルールを作成し、脅威が拡大したり、クライアントマシンが乗っ取られることを防ぐことができます。

  • 承認済み (除外)/ブロックリストは、すべての検索プロセスに先立つ最初のチェックとして使用されます。

  • 承認済み (除外)/ブロックリストによって、URLフィルタやWebレピュテーションの定義済みのカテゴリを無効にすることができます。

  • 承認済み (除外)リストはブロックリストよりも優先されます。

  • 承認済み (除外)リストは、他のポリシーやルールよりも優先されます。