アプリケーション制御

ネットワークで使用を許可するアプリケーションを管理します。ファイル転送、インスタントメッセンジャー、ピアツーピア、音声/動画などはネットワーク速度の低下を招き、業務の妨げになる可能性があります。

アプリケーション制御ポリシーは、ユーザやグループごとにカスタマイズが可能です。

IWSaaSのポリシーおよび優先順位について確認してください。

  1. [アクセスポリシー] > [アプリケーション制御] に移動します。
  2. アプリケーション制御機能を有効または無効にします。
  3. ポリシーを管理します。

    タスク

    詳細

    ポリシーを追加/編集する

    [追加] をクリックするか、[ポリシー名] 列から既存のポリシーをクリックして、表示されるウィンドウでオプションを設定します。「アプリケーション制御ポリシーの設定画面」を参照してください。

    ポリシーを削除する

    1つまたは複数のポリシーを選択して [削除] をクリックします。

    ポリシーの優先順位を変更する

    [優先順位] 列で、上向き/下向きのボタンを使ってリスト内でポリシーを上下に移動し、優先順位を変更します。

    テーブルでデータを確認する

    テーブルの各列には、アラートを追加または編集したときに設定した内容と同じデータが表示されます。

    有効になっているポリシーは、[ポリシー名] 列の名前の左側に緑色のLEDアイコンが表示されます。無効になっているポリシーには灰色のLEDアイコンが表示されます。