インターネットゲートウェイトラフィック

組織のインターネットゲートウェイを識別して、ユーザからIWSaaSに転送されたトラフィックが組織のネットワークからのものであることを確認します。ユーザに認証 (ログオン) 情報の入力を求めてユーザのIDを確認し、そのWebアクティビティを監視することができます。

インターネットゲートウェイを設定すると、次のような利点があります。

  • FTP over HTTPトラフィックを許可する

  • ブラウザ以外のアプリケーションからのHTTPトラフィックを許可する

  • ゲートウェイの場所ごとにURLフィルタポリシー、アプリケーション制御ポリシー、およびレポートを設定する

  • ゲートウェイの場所をアクセスログに記録する

IWSaaSで認証できないユーザが認識されるゲートウェイからトラフィックを転送した場合、トラフィックは許可されますが、ログにはユーザ名が「Unknown」として記録されます。

トラフィックの送信元ゲートウェイを認識できない場合 (スタンドアロンユーザがインターネットに接続する場合など)、IWSaaSはユーザのIDを確認するために認証 (ログオン) 情報の入力を要求します。

公開IPアドレス

組織のインターネットゲートウェイの公開IPアドレスを追加します。

[管理] > [サービス配信] > [インターネットゲートウェイ] に移動します。

ゲートウェイの場所

公開IPアドレスを使用して、ゲートウェイの場所を設定し、ユーザ認証方式を指定します。

[管理] > [サービス配信] > [インターネットゲートウェイ] に移動します。