タスク概要 (初めてのユーザ向け)

IWSaaSを初めてご利用いただく場合は、次のタスクを実行して環境に最適な保護を確立します。

管理コンソール

IWSaaS管理コンソールにログオンします。

タスクは管理コンソールから実行します。

IWSaaS管理コンソールのログオン」を参照してください。

ユーザアカウント

ユーザを認証するためのユーザアカウントを設定し、必要に応じて、組織内の他のユーザに管理コンソールへのアクセスを許可します。

ユーザアカウントの概要」を参照してください。

インターネットゲートウェイ

組織のインターネットゲートウェイを識別して、ユーザからIWSaaSに転送されたトラフィックが組織のネットワークからのものであることを確認します。ユーザに認証 (ログオン) 情報の入力を求めてユーザのIDを確認し、そのWebアクティビティを監視することができます。

インターネットゲートウェイトラフィック」を参照してください。

ポリシー

潜在的な不正コードの処理や特定カテゴリのWebコンテンツの表示など、さまざまなニーズに合わせてセキュリティポリシーやアクセスポリシーをカスタマイズします。

IWSaaSのポリシーおよび優先順位」を参照してください。

システム通知メッセージ

特定のイベントが発生したときにユーザに送信されるシステム通知メッセージを設定します。

システム通知メッセージ」を参照してください。

トラフィック転送

IWSaaSにプロキシサーバ経由でトラフィックを転送するように、組織内のデスクトップおよびモバイルデバイスを設定します。

トラフィック転送に特別なハードウェア構成は必要ありません。どのトラフィック転送オプションを使用するかは、既存のアーキテクチャ、予算、および組織のニーズによって異なります。

監視

管理コンソールからWebトラフィックおよびユーザのアクティビティを監視します。

監視」を参照してください。

テスト

最後にIWSaaSの接続テストを実施します。

テスト」を参照してください。

トレンドマイクロの製品やサービスとの統合 (オプション)
  • InterScan Web Security Hybrid

    IWSaaSを、Trend Micro InterScan Web Security Hybrid (以下、IWSH) に登録します。IWSHは、オンプレミスのInterScan Web Security Virtual Appliance (IWSVA) とクラウドベースのInterScan Web Security as a Service (IWSaaS) をまとめて管理できる単一のクラウドコンソールです。IWSHでは、サテライトオフィス用とモバイルデバイス用のポリシーを使用して、グローバル環境全体のセキュリティを強化できます。

    [管理] > [サービス配信] > [Web Security Hybrid] に移動します。

  • Trend Micro Remote Manager

    Trend Micro Remote Manager管理コンソールからIWSaaSを管理できます。

    統合の要件と作業については、以下のサイトでTrend Micro Remote Manager のドキュメントを参照してください。

    http://docs.trendmicro.com/ja-jp/smb/trend-micro-remote-manager.aspx